スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイムービー

11-30,2012




スポンサーサイト

脳内イメージで繋げてみよう

11-30,2012

位置エネルギーの確保という側面から進めて行くとすると 高いところがどこなのかを知る必要があります
ということで 3枚の画像を用意しました

501-1.png 

502-1.png 

503-1.png 


ありがちなケースとしては 大きく(多く)動かせることを目標にテークバックを取る
これ 一見すると なんか飛びそう~という感じを受けるのかもしれませんけども…

miyaza15.jpg

どこかの記事の繰り返しの内容になるかもしれませんが この部分
作るな やるな  とは言いませんが それで得られているのは 見ている限りエネルギー(距離)というよりは
充実感(満足度と言ってもいいかもね)にしかなっていません

何かしらの意図があってやっているのなら それは構いませんが
その形を無理に作ろうとするあまり 肩が痛い とか 腰が痛い とか 背骨をねじる とか
そんな話をよく聞きます

この形じゃなきゃダメ あるいは この形が基本だと思っているのだとしたら それは少しばかり考えを改めた方が 今後のためにはいいでしょう

その前の状態(クラブが垂直に近い状態)を基本形とし そこから先は盛り込み度? として扱った方が スウィングを理解していく上で非常に簡単になりますんでね



004_20121126022046.jpg

少々話が違うかもしれませんが フルショットという概念というか認識
これもレッスンしていて思う事ですけど 体感張り込み度数 としては100%どころか120
いやいや それどころではないと見受けられるケースも少なくありません

火事場のナントカぢから?かどうかは分かりませんけど
そこまでしないとボールは飛ばないもんですかね
フルショットとは全身全霊で エネルギーを発生させる というのではちょっと…
動きを制御しない というか ブレーキをかけない というか
それをしないことがフルショットですんでね

なんだかボールに当たる 前に もう完全燃焼?しているかのごとくの体に

見える んですが…

(ま こちらの気のせいだったらいいんですけどね
  これも想像ですけど わたしのフルショット感 多分みんなの★割以下だと思いますよ)

zenkei_20121128181309.jpg 

重いものを落としてしまえば それで済むんです


で その方向付けをしてあげるのが 強いて言うなら人間の役目
でもほとんどの人が ダウンスウィングを頑張る区間としてしまっているのを見ていると
アドレスからトップまで この運動を 重いものを扱った という認識が多分無いんだろうなぁ~って思いますけどね
 









ヒョイっと動かしておしまい…
というのがほとんどですから

gandg426.jpg 

何を?どこに?どうやって?
……どういうための行動なのか 意味がわかりません




スペック豆知識<ロフト角度その2>

11-29,2012

オリジナルロフトとリアルロフト

005_20121121002046.jpg

クラブヘッドにはロフト(loft)角度がついています。
ドライバーで10度位が基準になっているようですが、その表記方法には2種類ありますから選ばれる際は確認しておいた方がいいでしょう。

ウッド系クラブのヘッドはソール(底)を地面に設置した状態を基準に計測します。
これがオリジナルロフト。


このロフトの表記方法も各社違いがあります。
ヘッドに何度と刻印されている場合も計測してみればかなり違うケースも多いですから、上がらない(上がりすぎる)のなら一度計測してみる事をおすすめしておきます。

ヘッド設計アングル、ソール形状が合わさってフェース角度(左へ向いている場合はフック・+、右へ向いている場合はオープン・- 右打ちの場合)ができるのですが、そのフェースを±0にした状態で計測したロフト角度がリアルロフトということにしています。


振動数の場合もそうでしたが、どちらか迷ったときはロフトの大きい方を選んだほうが賢明だと思います。
スウィングや体への影響を考えると、上がらないクラブで上げるように打つ
これだけは避けるべきでしょう。

MCI フジクラNewシャフト

11-29,2012

フジクラ Newシャフト MCI

005 (2)


各種 お客さまにも試打していただき 基本筋となるセッティングが見えてきました 

002_20121128195441.jpg

006_20121128202412.jpg

メーカースペックは以下の通りです

MCI 60  R,S
MCI 80  R,S
MCI100  S,X
MCI120  S,X
(数字はシャフト重量帯)

007_20121128202411.jpg  
 
 

タイプ別に 通常ヘッド重量から ある種異常?数値のものまでテストしました
勿論 シャフトも規格通りから ラインはずれのものまで…

おかげで いろんなものが見えてきたように思います
想像通り(ツマラナイ?)のもあれば
あれっ?!っていう意外なセッティングも
(さらには 軽量スチールで苦しんでいる理由も…)

004_20121128195444.jpg





ちなみに今回テストした MCIシャフト はすべて市販品なので
どちらでも入手可能なものばかりです

ですので リシャフトしよう クラブを作ってみよう となれば
その工房 工房でなにかしらのこだわり もしくは 注意していること というのがあると思います

単にリシャフトと言っても ヘッドも多種多様です
ヘッドの性格を優先するか否か によってもシャフト選択は違ってきますし
全体の流れ(ウッドシャフトとの相性)をあまりに無視するわけにもいきませんし

せっかくですから そのあたりも尋ねてみてはいかがでしょうか
詳しい方は 疑問点を聞いてみればいいですし
あまりよくわからないという方は リシャフトすることで今後どのような影響があるのか
どれだけ考えてくれているのかというあたりなんかを探ってみれば?

工房にも それぞれ考え方があるはずだからね
自分の気に入ったところで やってもらったらイイんじゃないかな

008_20121128205602.jpg 

繰り返しになりますが どこでも手に入るシャフトです
ですが それがクラブとなり 使用者の手に渡るときには
ご本人専用クラブ
となるわけですからね

どれもこれも同じ というのではチョイとばかしさみしいんじゃないかなぁ~
って思いますけど



010_20121128212156.jpg

〒776-0010
徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
メゾンゴルフ
Tel/Fax (0883)36-9292
E-mail  maisongolf@sky.plala.or.jp

二人三脚でゴルフをゴルフクラブを創り上げてみませんか!

011_20121128212155.jpg 


スペック豆知識<ソール角度>

11-28,2012

b-1.jpg

ヘッドのソール部分、その形状には
フラットソール
バンスソール
スクープソール
キャンバードソール・ラウンドソール

というような呼び名が付けられています。
 


このバンス角度は、非常に優れたお助け機能なんですけども、世間ではこのバンス どちらかというと邪魔、もしくはバンカーのため だけ に必要と思われているようですね。

にもかかわらず、昨今のストロングロフト事情によって、このウェッジは今や4本?バックに入れる(入れなければならない)事態となっているようです。

あるカタログを眺めていますと、ウェッジとしての単品で販売されている種類の多さに驚きます。ロフト角度は40度後半から60度を超えるものまで幅広くラインナップされているようで…これをクラブを選ぶ楽しみと捉えてもいいのか?というのは別にしまして、ウェッジを求める理由にはいくつかあると思います。

それが距離を埋めるというものである場合、ロフト角度 だけ に注目してしまうと危険です。


そこで問題!
ここに2つ ロフト50度 バンス4度 ロフト56度 バンス12度 という設定のウェッジがあるとしましょう。
コレ、どちらの方が距離の出るヘッドだと思いますか?

初体験?ゴルフ

11-28,2012

とあるお客さまのブログ記事を拝借してきました
異振の会 ~備忘録~
http://grand7379.blog.fc2.com/




気持ちええけど気色悪い 」

ヘンテコなテーマですが、今日の感想です。
今日のスイングで感じた気持ちです。

トップからフォローまでの動きがわからない。

でも、ボールは打ててるし、ええ球出てるし!
みたいな・・・
ボールの当たりや勢いは、自分的にすごく気持ちの良い球なんです!


000_20121127120341.png 


ですが、スイングが「あっ!」という間に終わっている。
自分の動きもどうなっているのか分からない・・・
しかも傍から見てる方には「マイルド〜」な力感。



いや〜
「きんもちいい〜〜〜♪でも、気色悪!!」
こんな気持ちは久々ですな〜
たまにはこんな日があっても良いもんですね!



この記事を読まれてる方には何のことだか分からないと思いますが
それでもいいんです!(笑)
だってゴルフですもの!(←意味不明)

分かって頂ける方にだけ分かって貰えればいいんです♪
なんてたって、ゴルフは道楽ですからね!(笑)

たかがゴルフ。されどゴルフ。

たかがで終わればそこまでですけど、されどまで追えれば違う景色が見れるんですね!
その景色の先に待つものはなんなんでしょうかね〜

先はあるかないかはわかりませんが、面白いのでもうちょい先を見てみます!
見えた時には、また報告させて頂きます。m(_ _)m

それでは、また!
日々精進!日々感謝!
 

異振の会 ~備忘録~
http://grand7379.blog.fc2.com/



001_20121127121654.jpg


見た目と気持ちがあわないという変な(不思議な)ギャップ
周りの反応と実感が伴わないおかしな感覚
そんなゴルフ?を味わってみるのも これまた一興!

気が付いた時には すでにフィニッシュ~?!





記事流用 どうもありがとうございました 店主


スペック豆知識<ロフト角度>

11-27,2012

ロフト角度

003_20121121001313.jpg

ゴルフクラブの形状を表記する上での計測の仕方を説明します。
聞いたことはあっても、案外知らないのがこのクラブの形。
ましてや構造なんていう言葉を使うと難しそうに感じるのか、敬遠しがちですが、スウィングというのは言い換えれば“ゴルフクラブの使い方”
ですから、構造を理解する イコール スウィングを理解すると言っても過言ではないのです。

ロフト角度はシャフト軸線とフェース面とのなす角度。

認識としては、この角度が多いほどボールは高く上がるというところだと思います。ここでは簡単なことで留めておきますが、一般的なイメージを元に説明すると、
ロフトが付けば(多くなれば)上がる のではなくて 抜ける という言葉が適切です。
そのニュアンスの違い、ナニが違うのよって思うかもしれませんが、その内わかる時が来るはずです。

クラブの形状、そのほとんどはシャフト軸線を基準としています。
ですからクラブがどんな姿勢をとろうと30度のロフトは30度のまま。
なのに飛ぶとか飛ばないとか、高いとか低いとか、スウィングはゆっくりに見えるのに距離が出ている。
そんな弾道に違いが出るのはナゼ?なんでしょうね。
まずはソコからかな~

トップ位置 まずはココから試してみよう

11-27,2012

テークバックのメイン業務
それはやはり位置エネルギーの確保ということになります
高さが生みだせさえすれば 誰でも あたり前に 存在する力を享受することができます
ではその位置 その基本となるところを見てみましょう

201.png 

どちらの方向から見てもクラブが垂直になるポイント
ここを基本位置としておきましょう


209-1.png 





204.png 

飛球線後方から
垂直位置を12時とすると 1時から11時の間


203.png 






208-1.png 

前からですと
同じく垂直位置を12時とすると これまた同じく11時から1時の間


210-1.png 

この範囲内にクラブが収まる状態
これをフルショットの基本位置として考えていきましょう






かなり物足りない?状態かもしれませんね

その度合いは 普段どのようにスウィングしているかにもよりますけども
一般には 時計の針が9時を指している状態が いわゆるトップとしているようですが これをウチなりに表現すると トッピングしすぎたピザ?盛り過ぎ?という感じです

miyaza15.jpg

ま やっちゃダメとは言いませんけど 効果というと…どうですかね
もしこの9時の位置を有効活用できるのであれば 何の苦も無く12時のスウィングも出来るはずですんで
まずは さっきの範囲で 騙されたと思って試してみて

この位置(12時)で十分だから 

100.png

で この位置は鏡の前でとか ビデオを活用して見てみようね
もし見てくれている人がいるなら 自分はこの位置のつもりを伝えておいて実際にスウィングしてみましょう


本人やってるつもりでもかなり誤差があると思うから
 


メンテナンスフリーのスウィングを目指してみよう!

11-26,2012

巷にあふれかえるスウィング論
それこそ星の数ほど…と言っても言い過ぎではない状態です
毎年 目新しい?キャッチフレーズが生まれているようでありますが
どれかいいものに出会えました?
それとも どれがイイのか皆目見当もつかない?

もしかして あれこれとっかえひっかえ
もうナニをどうしていいものやら…なんて迷路に迷いこんでしまっている人もいるかもしれませんけど そんな中
ウチ メゾンゴルフが考えているスウィングはというと

一度身に付けば忘れることが無いスウィング 


100.png 

いや 忘れたくても脳裏にこびり付いて離れないという感じなのかもしれません
あまりに不思議すぎて!




で 条件としては 全ての人に平等に 同等に与えられている要素を使う
つまりは みんなにチャンスがある方法でなければ意味がありません

運動神経悪いから…
なんてあきらめてしまっていませんか?

力が弱いから飛ばないのも仕方がないか…
そんな関係の薄いところで悩んでしまっているのですか?

ヘッドスピードも速くないから…
いやいや それはある意味 好都合!
ちょっとわかりにくいかもしれませんけど
それは自分自身でブレーキをかけてしまっている
速く振ろうとする それ自体が逆に遅くすることになってしまっている ということに気が付いていないだけのこと
ですんで そのブレーキを外してしまえばイイだけのことですから

003-1.png

頑張ってゴルフクラブ トップまで持ってきたんですから
ダウンスウィングでそれ以上の労力 使いたくありませんよね


ましてや ボールは地面にあるんです
トップ時 クラブ(ヘッド)はかなり高い位置にあるんです
その条件を使わない手はありません

高さが生まれれば それはもう立派なエネルギー ですから
あとはもう動くきっかけを作ってあげるだけ
人間のする作業なんて ホントそれだけ

 
参考映像は こちら でどうぞ!
メゾンゴルフのYouTube



このブログ 多分デスクで読んでくれているのだと思います
その脇にあるペンとか消しゴム ちょいと落としてみてください

必ず落ちますよね

例え それが社長のものであろうと 入社1年目の人のであろうと それは区別されることなく落っこちます

この必ず作用するチカラ
なぜかゴルフスウィングにおいては蔑にされてる感じがするんですけどね

main_image-1_20121115221403.jpg 

そうはいっても これでボールが打てるのか?

飛ぶのか!?

ってところだとは思いますが こればっかりは体感してもらうしか…
その現象…とても言葉に言い表せるモノではないですから

なんか勿体ぶっているように聞こえるかもしれませんけど
その手には答えとなるブツ(メゾンゴルフ特製クラブ)があるはずですんで そちらにも耳を傾けてみて

より確実に より正確に伝えてくれるはずですから!

004_20121126022046.jpg

あえて付け加えるとするなら
多分 みなさんが頑張っているところでは 全くというほど実感が無い(あっという間に終わってしまう)と感じることだと思いますよ
 

トップ位置

11-26,2012

100.png 

003-1.png 

いろいろと探してはみたんだけどねぇ~

11-25,2012

220px-Alex_Rodriguez_batting_stance_2008.jpg 

a00001911431.jpg 

05033571728337776.jpg 

img_2012052700542.jpg

527-6.jpg  

0000000065_0000017587m.jpg

photo_1988b.jpg  

BAL-WC-16.jpg 

20080513_462876.jpg 

COPN2012102101001138_-_-_CI0003.jpg

vol12052812410003-p3.jpg  

imageCA8QQN82.jpg 

img_575597_14418673_3.jpg   
 
ずらずらと画像を並べてみました
こうしてみると スポーツにもいろいろあるもんだ(ほんのごく一部だけど)
さて どれか経験があるもの あったかな~?

その経験を生かしてゴルフを考えていくというのもひとつの方法です

野球 テニス 陸上競技に弓道 ライフルなどなど
確かに競技内容 持っている道具は違いますけど 同じ人間がとれる動きというのは そんなに選択肢はない
というか 共通の動きですし そんな効率の悪い動きは採用しないと思うのです

けれども…これらの画像 ゴルフ目線で言うと ”まゆつばな動き” ということになるのかな?
いや 残念 せっかくの経験を~…


 

<画像プチ情報>
テニス画像 コート脇で座っている方の姿勢は長時間いると腰やおしりが痛くなるでしょう
ま、どうでもいいことですが





















まずはココを確認!

グリップとヘッドの位置
まずはこの2か所を確認しておこう

201.png

おススメする位置としては
グリップは右胸から右肩付近
それに伴うヘッド位置は シャフトが垂直になる状態を基準とします
このヘッド位置を12時とすると

 
 

203.png 

11時もしくは1時
ヘッドが右肘の位置を超えない範囲
ヘッドが頭を超えない範囲に収めよう

204.png 

どちらもこのラインを超えた動きは以降の展開を阻害していくものになりかねませんのでご注意を!



どこがベストか?
そう言われると クラブ(ヘッド)の重量や軟度によっても違ってくるでしょうから 一概には言えませんが ひとつ言えることは この位置で以降の動きは決まってくるということ

ですので ダウンスウィングがイマイチしっくりこないという場合は
まずココをチェック!
先ほどの11時から1時の範囲で試してみてください

スコン?
擬音の表現が適切かどうかはわかりませんが
抵抗なくスウィングを終えてしまうポジション
そんなところありませんか?


徳島のゴルフコース 徳島カントリー倶楽部月の宮コース編

11-24,2012

徳島カントリー倶楽部 月の宮コース

813501-1.jpg 813501-2.jpg 
photo1_20121118113201.jpgminagi_golf_club.gif

 徳島カントリー倶楽部月の宮コース
〒779-3133 徳島県徳島市入田町月の宮227
TEL:088-644-3636 FAX:088-644-0360 


鮎喰川の北岸の高台にある丘陵コースで比較的フラットなコース設計
1981年より11年間LPGA公認競技徳島月の宮レディースクラシック開催コース
2003年より3年間LPGAステップアップツアー徳島月の宮レディースカップ開催




08-1.gif
08.gif


名物ホールということでは ココ!
8番ショートホール

グリーン左にある 池 ここではいくつものドラマが生まれている!

ここまで イイ感じ でこなしてきたにもかかわらず
ポチャン
あ、あっ~~~!!!

最終9番ホールも難関
この8番で落胆してしまうと
このホールでもやらかしてしまう可能性大なのでご注意を!

8番ホール プチ情報
ココには女神さまがいらっしゃるそうな
そして 池に落ちたボールを拾っては こうおっしゃるそうで…

おまえが落としたのはこの金のボールか?それとも白いボールか?

さて あなたはどう答えますか
このセリフ
若き三遊亭楽太郎師匠(現・圓楽)の出演によるご当地CMでの会話
なかなかおもしろかったんだけど
どこ探しても見つからないのよね

もしよかったら探してみて あったら教えてね~
 


ヘリによるコース撮影
http://tsukinomiya-golf.com/course/

map.gif 



懐かしのTV番組 新春に豪打!

11-24,2012



イメージ画像 フィニッシュ

11-23,2012

204.gif 

208.gif 

一皮むけたかな?

11-23,2012



ライバルを黙らせてやる!
その瞬間を虎視眈々と狙っている熱心なお客さま

http://blogs.yahoo.co.jp/koto_48club

フェアウェイウッド SYB W422V

11-22,2012

SYB(サイブ) W422V

009_20121121151211.jpg

#3(14°/16°),#5(19°),#7(22°),#9(25°)

010_20121121151210.jpg 011_20121121151209.jpg

ユーザーさま インプレッションは 
こちら!http://blogs.yahoo.co.jp/koto_48club/7179240.html


012_20121121151207.jpg

  


早期に行動を起こせ!

11-22,2012

クラブが軽い状態
この時を逃せば それ以降
どんどんクラブは重くなっていきます

クラブが軽い という意味は
重力上 長さが短くなる時

そこからの方向を誤ってしまうと 以降の展開は
軽装で富士の樹海にピクニックに行くようなもんです

せっかくの3連休ですから ひとつ捜索隊といきますか!

そのすべてを簡単に収める位置と方向
そんなところを見つけられるでしょうか?
 
迷い彷徨っている状態から救出できるかな
体感としてはよくわからない(実感が持てない)かもしれませんけどね

なにせあっという間の出来事ですから

P1000334_20121115232912.jpg 

イメージ画像 インパクト

11-21,2012

203.gif 

207.gif 

ビジネスゾーン?

11-21,2012

さて昨日少しふれたこの区間ですけど
ここを頑張りたい
のか それとも
頑張らざるを得ない
のか そんなテーマで進めてみたいと思います
 
002 (6)

この区間
スウィングとしては 最高潮の盛り上がり?のところなのかもしれません
飛ばしたい!
ウマく当てたい!
そんな欲望が渦巻く瞬間なのかしらね
(ま その気持ちもわからないではないけれど)
となると スウィングとしてのフィードバックとしては
充実感
つまり力を込めている時間が欲しいということになろうかと思います
しかしながら ウマく当てるとなると なかなか

さらに厄介なのは ボールがつぶれるということを知らない もんだから
程よくコスった当たりを出来ていると思ってしまう…

となると 思う距離も得られないだろうから 残された道はひとつ
スピードアップに走る
ま さらに頑張る道へと進んで行くわけだね

んでも このビジネスゾーンのアドバイスを探してみれば
ムダな力を抜く とか 安定が第一だとかいう類のもの
ごもっともなように聞こえるけど それじゃあどうしたらいいのか ということはどこにも載っていない


このサイクルで一体どうしろっていうんだ?みたいな気にはならないのかねぇ…

102.png

じゃあ この状態で何がどう起こっているのか説明しよう

この円軌道
これがクラブの進む道
これが自分のとる行動
これを 力を抜いて正確に行えればウマくいく?

じゃあ この円を描くためには?ということですけども
このクラブ(ヘッド)は かなりの重力 を受けています

これは静止画像ですから誤解を招いてしまうのも無理はないのかもしれませんが それにはかなりのスピードが付いていることを 特にスウィングを考える上ではとんと忘れがちです
その運動が招く現実は コレ重くなっているということ
そこはキチンと踏まえておきましょう



もうひとつ 円運動で考慮する というか避けては通れない力
それが 遠心力 です
この遠心力とは クラブが受けている力のことですけども
その力と相殺される力というのが 求心力(向心力) という反対側の力
つまりは人間が受け持つ力です

ちょっとここまでを整理すると スピードによって重くなり さらには遠心力で重くなり
という具合に重さは積み重ねられているということになります

ま ウチの場合 重さが増える
この言葉には心動かされますがね

010_20121115233754.jpg

けど 円 となると話は別
そんな重量 例え1グラムでも増やしたくはありません

なぜかって?
ヘッド(クラブ)をどうこうというよりも
支点となる部分を動かさないようにすることに全労力を費やさないといけなくなるじゃない
円だとさ

この円軌道を描くためには 支点となる部分の固定が必要で 支点ですからその負荷はその位置で負うということになります
言い換えれば 動かないことにものすごい労力が必要 だということです

しかも悲しいことに
そんな苦労で支えたクラブですけど 当のクラブは重力を受けている方向にしか行こうとはしてしません
そのまま クラブの方向に進めば ボールは無く地面 だけ

103.png 

つまりここからが スウィングの 人間側での本番 となるわけです
その重さ(労力)は説明しました

それを抱えて さらにはクラブが長くなった状態
ヘッドが最も遠くなったところで頑張る(頑張らざるを得ない)のです

スウィングとは?
というテーマで書くとすると ある種の労働? というオチになるんですかね
でもまあビジネスゾーンだからイイんですか
 


イメージ画像 トップ

11-20,2012

202.gif 

206.gif 

PING UT MCI仕様

11-20,2012

015 (2)

017_20121120003031.jpg 

018_20121120003030.jpg 

その動き なんか意味あるの?

11-20,2012

スウィング とりわけ人間の動き

これは常々感じることですけども よほど頑張りたい!のかなぁって
重いクラブを持つ
ま 慣れるまでは仕方が無いにしても
重い ということに対して さらに力で対抗しようとする(しなければならない)のが ゴルフの場合特に見受けられるんですけど…

102.png

んで
頑張り度数が高い区間といえば 文句なしにココ!
腰から下 その量は180度 少なくても120度ぐらいの区間
もう血管裂けるんじゃないの?大丈夫?
なんて心配になるほどの場合も

その区間の動きが良くなれば 安定すれば
ゴルフショットは簡単になる 成果が上がる
極論でいくと この区間さえ出来ればゴルフは上達するというようなことも聞かれます

その区間 人はビジネスゾーンと呼ぶそうな




スウィングを考えていく上で大切にしていることがあります
それは 目的としている部分や箇所のことを その位置で直接やらない
そのゾーン(言葉覚えたから早速使います)が重要であるなら それ以外の場所(ゾーン)で そうなるように考えていくんです

スウィングのそのほとんどは 前の状態で次の展開が決まります
ですから その位置でなってほしい姿勢・動きがあるとしたら 事前準備をしておかないともう間に合いません


zenkei_20121111195242.jpg 

コースでもそうじゃないんですか?

ティーショット打つのにどうやって狙いを定めてるの?
そのホールのピン位置があって セカンドショットをどこからどのように打ちたいという戦略があってこそ狙い場所が決まるわけでしょ

最近のゴルフはほとんどカートによるプレーだからせわしないけど
ティーグランドまで そしてボールまで到達する時間があります
ゴルフは ある意味かなりの時間をかけて行うというのは こういうための時間じゃないのかなぁ

うまく行けば次の展開に向けて余裕があります
たとえ失敗しても それを数回に分けて カバーできるのもゴルフの利点です
その方法を練る時間というのが ボールまで到達するまでの使い方ではないでしょうか

img_258611_3366349_4_20121115231248.jpg

それを周りを待たせることなく いとも簡単にさらりとやってのける
もっと言えば 自分の行動はちゃっちゃと済ましてカートのお世話まで出来る
そういうのって見てて カッコいいなぁ~ って思うんですけど

こんな話をすると それは満足に打てるようになってからのことでしょ
みたいな反応がほとんどです
確かにゴルフを始めたばかりだと そんな余裕がないのもわかりますけど
そういう意識でやっているのとそうでないのとでは
出来だしたときに大きな差となって表れてくるものなんです

今日はいいショット沢山あったのに…あれ?
逆になんかイマイチだったなぁ~なんて1日だったのにスコアは…これまたアレ?
ぶっちゃけ そのへんのアマチュアのレベルでナイスショットの連発がスコアになっている人なんていません

ショット回数の足し算なんてそんなモンです 


イメージ画像 アドレス

11-19,2012

201.gif 

205.gif 

戦法案

11-19,2012

スウィングの作り方
釈然とはしない表現ですが この方がわかりやすいかと思いますので
作るという言葉を あえて(泣く泣く)使います

main_image-1_20121115221403.jpg

作戦その1

目指すスウィングを出来る限り映像・画像を入手し解析
そして自分のスウィングを重ね合わせるように形成していく方法

101.png

その情報を元に クラブの位置 体の形 をそれぞれ確認していきます
どんなに複雑に見える形でも このように3次元座標におとせば それは確定できます
一方向からの枚数 × 前後・上下・左右の6面
その情報は多ければ多いほど正確に作ることができます

これを手作業で…となると心折れるところですけど
現代には便利なパソコンもあって 3Dcadもすぐ手に入ります
映像加工も随分手軽にできるようになりましたから
やろうと思えば すぐにでも取りかかれます
さらに 作ろうと思えば立体プリンターもありますので その模型も作れます

ま そこまでやらなくても形はなぞれそうですけども
それらを全て繋ぎ合わせれば 思い描く理想スウィングの完成です

この方法で作り得たスウィングのメリットは
傘を持とうが 鉄の棒を持とうが
逆に手ぶらであっても その動きが変化することは無いということ

いつでも どこでも その形をなぞっておけば スウィングに悩むことはありません
その形どおり出来るはずですから

でも忘れてはイケナイのは
これはスピードがMAXの状態の形を模したもの ということです




300px-Yoshinogawa(Tokushima)_20121115222220.jpg 

作戦その2

かたや対岸を見てみると
なにやら ゴルフスウィングとは似ても似つかない動きをしているようです
ヨガ?太極拳?それともエアロビ?
人によってその見えるさまはまちまちなようですが…


スウィングイメージアルバム


ゴルフクラブを持っている時とそうでない時
さらには ヘッド重量にシャフトの軟度
ゴルフスウィングというものは
その条件の違いが 実際の動きを表に現れる動きに変化させてしまいます

001 (7)

ゴルフスウィングのイイところ 魅力は
見えないからこそ価値がある
そんなところだと思っています

そして 見えない部分がわかった時の快感
この快感物質の分泌を促すことが
スウィングを学ぶ楽しさではないでしょうか
 
017_20121113123159.jpg 

「これで打てるのか?」
「いや 問題なく打ってますが…」
「こんな動きで みんなにはどう映ってるのよ!」
「いや それを見るためにカメラがあるんでは…」
「なんでボールに当たるのよ?」
「いや 幸いにもボールと接触してくれるのはクラブ側のヘッドですから…」

この会話のどちら側に回りたいかは置いといて

これは最終地点 つまり河口になればなるほど対岸との幅が広がります

けれど どちらでもボールは打てます
どちらでも…ね
 


Newシャフトテスト経過報告

11-18,2012

やわらかシャフトが
そして 激重ヘッドが
躊躇することなく開発されております!
 
010_20121113122951.jpg

今後この動きがストップすることは考えられません
といいますか さらに!がしがし進んで行くものとなります
その理由って?
それは言うまでもないでしょう




さて そんなクラブ事情(当社比)ではありますが
実は市販品にも気を配っております
これは!と思うモノがあれば どんどんテストするというスタンスです
(でも 大概ボツ…となってしまうのですけどね)

そんな中 今回はなかなかどうして というシャフトに出会えましたので
ちょいと深くテストを繰り返しております
 
017_20121113123159.jpg

そのシャフトは数日前にもご紹介させて頂いた

MCI シリーズ

メーカーはお馴染みフジクラシャフト
こちらの新製品でございます




結論から言いますと
市販ベースで感動したのは 数年ぶり!
(その時も同じフジクラのシャフトだったけど 別に回し者でもなんでもないんですよ)

003 (2)

で 今回メインにテストしたのは 往年の名器
j’sチタンマッスル

ジャンボ尾崎として名声を欲しいままにしていた時代の武器
そのアイアンが手元にあったのはただの偶然?とは思えず
このシャフト MCI を装着してみたところ
なんともまぁイイ感じ!

純正のハーモッテックシャフトも悪くはないんだけど
いかんせんハードすぎる
これは R なんだけどそれでも…

ドライバー換算でヘッドスピード45 いや48ぐらいは(軽々と)出せる
もしくは 飛距離には何の不安なく十分
という方ぐらいなら まあなんとかってレベルだと思うよ

でもね
このMCIシャフト試して思う事だけどね
当時難しくて使えないという評価だったのは
“シャフトがハードすぎた”
というのが理由というのがよくわかったよ

004 (2)

それともう一点
いくつもテストしてみたけど このシャフト

通常の組み付けでは 味が出しづらい

普通に組むと で? って感じ
ましてセットにするとなると 少々手を入れてあげないと これまた ん? となる

けど この独特のクセ(おいしいところ)があるから感動できるんだよね~

 










そしてなにより 往年の名器が現代のシャフトでよみがえる!
そういうのってなんかイイと思いません?
あの時ジャンボはこう感じていたのか~~~なんてのが頭の中をよぎったりして…ね

プロ野球からの転身ですから 体も確かにゴツイ
当時マネはできない 別格だ として扱われていました
そのクラブが カーボンシャフトだったのは ナゼ だったんでしょうね

さらに 一時期のスランプを乗り越えた後の時代は
それは すごかった
で その時彼はスランプ時代をこう明かしました
「今後10年の事を考えれば 今の2~3年は惜しくなかった」 と


006_20121113131435.jpg


ま 何にしても
シャフトのしなりというものを初めて味わってみるのもよし
なにも知らないままゴルフを終えるのも これまたひとつ

何度も言いますが その選択は個人の自由です

スペック豆知識<振動数>

11-17,2012

振動数

016_20121110060041.jpg

クラブの固有振動数
グリップ側を固定しておき、ヘッドに力を加えるとシャフトは撓みます。
その状態で離すと、シャフトは振動を繰り返したあと静止します。
この時、1秒間に何回の振動するのかを表したものです。
ですから単位はcpm(サイクル パー ミニット)になり、
硬いクラブほどこの数値は大きくなります。

この振動数、ちょっとは市民権を得てきたかなとは感じますが、まだまだ浸透しているとは言い難いのが現状です。
1フレックス間の違いを振動数でみてみますと約10cpmとなるのですが、市販モデルのドライバーをちょっとみてみますと

1.Xドライブ GR   246
2.ゼクシオ      230
3.MPクラフト460  251
4.バーナー      220
5.スリクソン WR  245
これらはすべてRフレックスの振動数値

ちょっと驚くかもしれませんがこれだけ違います。もっとも数値が大きい(硬い)ものと小さい(やわらかい)ものではなんと 30cpm 違いが出ています。
フレックス換算すると、この違いは3フレックスですから、低い方を基準にしますとR表示のXX(ダブルエックス)ということになります?
ま、各社これだけ差があるものなのです。もう一度念を押しておきますが、すべて表示は R です。


次に リシャフト する場合をみてみましょう。

<リシャフトの心理法則>
リシャフトする場合、今装着されているフレックスよりも下のフレックスは選ばない。
おかしなもので上(硬い)に行くことはあっても、その逆はやらないのです。

A.ツアーAD DI-6   261
B.ツアーAD 9003   274
C.モトーレ VC6.0   246
D.ランバックス6X07    263
E.ディアマナ イリマ60 264
F.フブキ α 60      266

リシャフトしよう!と思い立ったとしましょう。
上記はすべてSフレックスなんですけど、これも最大差は約30cpm出ています。
先に挙げたドライバーはRフレックスですので10cpm加えたものをSフレックスだとして純正シャフトからこれらへリシャフトした場合
1,3,5 と C の組みあわせ
それ以外はどれもこれも 1フレックス硬くなる のです。
2,4 はどのシャフトをチョイスしても 論外 お話になりません。すればするほど 悪くなる でしょう。

リシャフトしてもあまり上手くいかない
違いが感じられない
飛ばない
それはこんなところに理由があるのです。

これXシャフトだよって言われると敬遠してしまうでしょ。
なのに わざわざ そこへ持ってきてしまっているのですよ。

アフターマーケットのシャフトを利用する。つまりリシャフトするってことは、動きの性能を求めてのことでしょ。それをただ硬くして動きを封じこめちゃたら意味無いじゃん!

徳島のゴルフコース 鳴門カントリークラブ編

11-17,2012

鳴門カントリークラブ

p-index.jpg 

〒771-0364 徳島県鳴門市瀬戸町北泊字北泊529-1 
TEL.(088)688-0111  FAX.(088)688-1301

コートベール徳島に続く
これからの季節におススメコース
鳴門カントリークラブ

(ホントは今よりは冬の方が楽しいんだけど)
海風
アップダウン
タイトなコースレイアウト
高麗グリーン
最後にまた海風

これほど 冬の楽しみ を備えたコースはそう多くない!
Let's Try!


あ 忘れるところだった
ここのレストラン
おススメは これまた冬の海の幸!
厳しい鳴門海峡で育った恵みの幸は 絶品!
間違っても とんかつ定食 なんて頼んじゃダメだよ~~~

ということで

p-hall2_20121112023352.jpg p-hall11_20121112023351.jpg 
p-hall13_20121112023351.jpg p-hall16_20121112023350.jpg 




この鳴門周辺は グランディ鳴門 でやっちゃったからね
なんか別なのを…って探してたらイイの見つけたよ!

大塚美術館

keyvisual.jpg 
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
TEL / 088-687-3737 FAX / 088-687-1117

9時30分から17時まで
月曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
1月は正月明けに連続休館あり、8月無休
concept_img_010.jpg

  

ちょっと前になるけど この美術館で
横綱 白鳳関の結婚式がとり行われたんだよ!

新婦さんが徳島県出身で 何度かデートに訪れていたのが縁で
ここを式場に選んだそうだ

0eff5e90ffefe7b1c1985121de707c6e.jpg 
末永くお幸せに!

wedding_img_030.jpg

で ミケランジェロの代表作「最後の審判」を陶板で立体再現した
システィーナ・ホール
ここでは ひと月2組限定で結婚式を受け付けているそうで
ホテルリッジの披露宴がセットで 世界的な名画をバックにした記念撮影が好評だそうだよ


詳しくはこちらで確認してみてね!
banner_wedding.jpg 
〒771-0367
徳島県鳴門市瀬戸町大島田字中山1-1
ホテル リッジ
TEL:088-688-1212
FAX:088-688-1211

keyvisual-1.jpg 






ちなみにこの美術館は その名の通り
徳島を代表する企業 大塚製薬グループ が運営している

003 (4)

で ウチの前においてある自販機
大塚ポカリスエット
数ある飲みの中から ナゼ これを選んだのかというと
徳島県を応援すべく!という思いで なんだ~
(大層だけどね)

ともあれ
コーヒーは ネスカフェ
汗をかいたら ポカリスエット
疲れた体には 
オロナミンC

ということでよろしく!でございます

002 (4)





この会社 スポーツにも力入れててね

サッカーJ2 徳島ヴォルティス

img_thumbnail.jpg
img_3.jpg  


さらに 陸上競技もなかなか強いんだよ
logo.jpg 

ここから シドニーオリンピック マラソン競技に出場した
犬伏孝行選手

ちょいと身内ネタで申し訳ないんだけど
彼とは高校時代の陸上部同級生でね
そりゃ強かったんだよ!

20121028_1-thumb-500x333-1227.jpg

当時大塚陸上部の監督が(大学に行かさないように?)つきっきりでね
我々は 箱根駅伝 かぁ~
なんて思ってたんだけどね

しかし オリンピックまで行くとは… 大したもんです! 

その彼も 今はここの陸上部のヘッドコーチ
後進の指導にがんばっているけど
当時の影は見る由もない(お互い)立派な中年どストライク!になっちゃったね~

img_key_man.jpg




一応 オリンピック裏話は書かないでやめておきます
また今度ゆっくり昔話に花を咲かせるとしましょう!

スペック豆知識<トルク>

11-16,2012

トルク

シャフトに一定の負荷(1ポンド・フィート)をかけた時のねじれ角度を表します。
 
004 (2)

このトルクもホントに誤解の多い部分で、ダウンスウィング中にこの機能は使われる?という信じがたいことが 通説 になっています。
本来の意味でトルクが機能したとすれば、それはトップからの切り返し と インパクト この2か所です。
それ以外にトルクの必要性を感じている、もしくはトルクの大きいものは合わないと思っている場合は間違いなくクラブ(シャフト)を捩じって使っています。

そうすると求めているものはトルクでは無く、ねじり剛性ということになります。

クラブヘッドの重心はシャフト軸線よりトゥ側にあるためスウィングの回転運動によってこの動きが起こる。よってねじりが発生するため剛性によってカバーする。

こう解釈してしまうと確かにそうなりますね。でもちょっと疑問に感じませんか?
そのねじり(ローテーション)ですが、その動きを阻害しないように剛性を持たせるんですよね。
一見するとごもっとも、みたいに思いますが
ではなぜこのトルクにも種類が存在するのでしょう?
ねじる だから 硬くする
こんな単純な発想でまかり通るのなら、みんな 硬く してしまえば あれこれ悩まなくて済むように思います(現実には そうなってしまっていますが…)

ちょっと 剛性 という言葉も見ておかないといけないかもしれません。
剛性 と 硬度 同じように扱われていますが、これは必ずしもイコールの関係ではありません。

010_20121110055321.jpg
HBS オリジナル wood shaft


グラファイトのシャフトは薄いカーボンシートを幾重にも重ね合わせて作ります。
シャフト軸に対して平行方向・垂直方向・斜めの方向
その組み合わせでシャフトの特徴・特性が出ます。
勿論、芯となるマンドレルの存在が最も重要なのは言うまでもありませんが、そのシートの組み合わせで剛性を出すのは十分可能です。
 
 ですが 強度 となればこのシートではなく、間に入る接着剤などでも出ます。ですがこれは 単に硬いだけ ということになります。

剛性 を持たせる意味合いは、大きな衝撃に対して他所にエネルギーを逃がさないためのもの。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、硬さとは若干違うものなのです。
 


逆転の発想

11-16,2012

ダフりが止まらない~~~

じゃあもっとダフってみよう!




スライスが…抜け球が…飛ばない~~~

じゃあもっと飛ばなくしてみよう!


言ってること変かい?
こんなレッスンしたら 嫌?


015_20121111234441.jpg 



ダフらそうとして成功?したら
それはダフりの原理がわかったということだから そこからつきとめてみるのも悪くない

スライス狙い撃ち!
そんなのも出来れば左絶対ダメ~というホールで対処できるよね
(ま そのスライスがイイかどうかは別にして)
で その逆をしてみれば フックになる(はず)だよね 





000_20121111235120.png

ロフトが立ってこない なんとしてでも立てて…
そこはそれ 慌てず急がずちょいと一息
もしかすると 立てようとするあまり その事自体が立てないようにしている

かもしれない


文字を変えたらなんだか悲しい話になってしまうかもしれないけど
必死になればなるほど…みたいなとこってあるじゃない

まずは理屈で 頭の中で建ててみる
そんな妄想の中の出来事っていうのが 案外威力を発揮する!

かもしれない

スペック豆知識<キックポイント>

11-15,2012

調子 キックポイント

先調子・中調子・元調子

一般にキックポイントと呼ばれるものでシャフトの特性を表す一項目として使われます。
この項目も各社規定がまちまちなところではありますが、実はそのこと以前に、このキックポイントとか調子という部分にものすごく偏ったイメージがあるのではないかと思うのです。

例えば シャフトの先を 0 お尻を 100 とした場合、それが均等にしなればその位置は 50 ですからそのシャフトは中調子となります。
もう一方のシャフトは 30 と 80 この位置でしなるとしますと 55
同じ基準で表示するとしますと、こちらは 元調子 ということになります。
確かに間違いではありません。

ですが、このキックポイントってこんなイメージでしょ。


img_1194014_31361064_2.jpg

さらに キックポイント用語には先中調子・中元調子という具合に、その間を表す?ものまであります。そのことが誇大妄想に拍車をかけているというか、その中間があるということは先の画像のように、その距離がかなり離れているという印象を受けるんだと思います。

ちなみに先ほどの例で上げた50 と 55
中調子と元調子の違いは4~5cmの差でしかありません。
ですからその中間?にある中元調子は2~2.5cmということになります。
つまり…中間近くのわずかな差を一生懸命語っているのです。
これってなんだかな~って感じしません?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。