スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブが出来るまで(^^)v その1

04-27,2014

P1050540.jpg 

ずらりと並んだドライバーヘッド
おなじみミステリーCF-425とProto453です

今回はスピンと曲がりを抑えてという要望でしたので
Proto453をチョイス


しかしながら高さは確保したいという思いがありましたので
ロフト角度は11度と設定しました

で、11度のロフト角度を仕入れてシャフト接着してクリップ入れてハイ!終了~
っていけたら安い、早い、ウマい!の三拍子でなにより(誰にとって?)なんですが…

ヘッドには個体差というものがありまして
さらには測定機器にも器械差というのがあります
ですので11度のロフト角度のヘッドでも10.5もあれば11.5のヘッドもあるというわけですね
勿論すべて11度という場合もありますが

ですんで組む前にまずはヘッドの個体差測定 ここがスタートになります(^^)v

ちなみにウチが計測に使っている機器はコレ!
見慣れない計測器かもしれませんが これはシャフトテーパー誤差なく測定できる構造になっていますので
どんなシャフトが装着されたとしても正確にヘッド角度が測定できます

P1050542.jpg 


では次にシャフト選定です
シャフトもヘッドと同様 個体差が存在し
全く同じスペック(フレックスや重量など)でも それぞれ微妙に異なります

シャフトを選定する際 ウチではまず3項目を測定します
・振動数
・重量
・センターフレックス(360度方向の硬度)

で、この中でも特に重視しているのは1番目の振動数です

この振動数は1フレックス(SとかRとか)で約10cpmの差が出ます
一般的なSフレックスのシャフトで振動数が250cpmだったとすると
そのシャフトのRは240cpmとなります(はず)

先程シャフトにも個体差があると言いましたが
メゾンゴルフ・オリジナルシャフトはこれを1cpmごとに管理していて
例えばSとR その中間が欲しいという場合には245cpmで
そう調整できるシャフトを数ある中からチョイスしています
ですので個体差
これは誤差というよりは上手に使えば非常に便利なんですね

しかしながらこの方法…かなりの本数と手間を要するとても贅沢な工法
でもこれぐらいやらんとね~!と思いがんばっております

P1050543.jpg 


P1050544.jpg 


P1050547.jpg 





<ヘッドの重量調整>

重量調整は専用器具とグルーと呼ばれる粘着性のものを使います
画像はその作業風景ですが ネック孔からグルーを注入している様子
所定の重量までグルーを注入することで調整します

このグルーは加熱していますので(うっかり触ると火傷する)液状に近い状態です
それが常温になると半硬化(お菓子のグミ?のような状態)で強力にヘッド内部に張り付きます

P1050829.jpg 

そこで腕の見せ所!

トゥ側 ヒール側 ソール後方 前方
はたまた 少量ずつ全体 という具合に
グルーをヘッド内部のどの位置で硬化させるかがポイント!

元々ヘッドが持っている性格をふまえ
打ちたい弾道やスウィング改善 シャフトを有効に使えるように など
目的に応じて重量配分をしなければなりません

単に重くしてしまえばそれでいい…っていう訳にはいかないんですね
どの程度重量を加えればいいか
その重量をどこに配置すればいいか
その作業によってクラブがどのような変化を起こすか
この辺りは少々専門的になりますので(クラブの)プロに相談した方がいいでしょう


市販ベースのヘッド重量
これは190~200g(中にはもっと軽いのもあります)
この重量では…スウィングに悩むのも飛ばないのも仕方がありません







ヘッド重量調整を終えたら今度はゴルフクラブとして機能するようシャフトを調整していきます
選定の時点でおおまかなところは掴んでいますが、実際使用するヘッドによって変わってきますのでね
この工程は欠かせません!

各器材で数値をとりながら
場合によってはシャフトをトリミングしながら数値を合わせていきます


この段階で使用している器材は
・振動数計
・バランス計
・センターフレックス計

この作業を繰り返し行うことで やっとシャフト挿入方向が決まり
(シャフトに記した黄色のライン)
俗に言う仮組みの状態になります

P1050551.jpg 

メゾンゴルフ・オリジナルシャフトの場合
ここで一端作業は終了
お客さまに選んで頂いたカラー
シャフトのお化粧の時間になります

今回はどんなになって帰って来るかしら?

P1050549.jpg 



スポンサーサイト

ゴルフクラブ扱い達人への道

04-05,2014

「ゴルフクラブ扱い達人への道」

それはこれまで「常識」とされていた事を頭の中から消すことです
一度キレイさっぱりチャラにしてしまう
つまんない修正を加えていくよりも その方がよほど近道です


P1050471.jpg 


んで練習してる意味…コレはというと
「できるようになる」というよりは
「やらなくてもいい」ことを覚えていくもんだと考えています

それに気が付きだすとですね
「ホントにやらなきゃイカンこと」
が不思議と見えてきます

で、ついでに言うと
「そのやらなきゃイカンこと」は
人間にとって非常に単純んなもんだなと(笑)
それもあっけないほどに簡単だと感じるでしょう

さて ここまでたどり着く人 いるかなー♡


1512311_653653828005304_1288500977_n.jpg 



体をねじらないで 捻転はイラナイ!

04-02,2014

「体の正面」
でインパクトからのフィニシュ
なかなかイイんじゃないですかね(^^)v

1654161_633696676667686_188579396_n.png

1780755_633696763334344_1170257611_n.png






インパクト時すでに腰はフィニッシュ状態

1900158_634178413286179_1384655671_n.jpg 


肩のラインと腰(骨盤)のラインの違いが見て取れると思います
このズレが大きければ大きいほど
(*_*)(*_*)背骨がねじれてしまっている状態(*_*)(*_*)
別名 軟骨すり潰し運動 と呼びます

ちなみにメゾンゴルフではこの動きを”ご法度”として扱っています






1625472_635010956536258_2089902358_n.jpg

アドレス時 肩と腰(骨盤)が揃っていないケースはごく稀だと思います
誰しも飛球線に平行に
練習場などに行くと器具を用いてチェックしている方も少なくありませんね
それをナゼしているのかといえば それが目標に対してスクエアとか飛距離効率もいいと判断してのことだと思いますが…
 
「なんで打つ際になるとそれがバラバラになるの?(してるの?)」

って思うケド

















アドレス時に揃っている肩のラインと腰(骨盤)のライン
この関係が終始ずれないように
アドレス~トップ~(インパクト)~フィニッシュを
チェックしてみましょう!



1625472_635010956536258_2089902358_n.jpg

1966805_635011009869586_174476065_n.jpg

1800454_634178443286176_385487453_n_201404021039594c4.jpg

988602_635011106536243_911333541_n.jpg



これが揃った状態で行う運動を
「体の向きの変更」と呼んでいます

それを可能にする関節が骨盤と繋がっている
「2つの股関節」
脚、お尻周りの運動です




これが出来るようになると*ねじれ*とは無縁のゴルフスウィングになり ひいては健康も手にすることができるでしょう(^^)v




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。