スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブが出来るまで(^^)v その2

05-16,2014

P1050679.jpg 

シャフトにお化粧ができて帰ってきました
今回は淡い藤色ということでしたので
パープル仕上げ
なかなかGood!ですね(^^)v

無塗装の状態で入荷し
仮組みを行った段階で塗装へ
お客さまのご希望カラーになって帰ってくる
これがウチのシャフト工程になります



あらかじめ挿入方向を記しておいた方向に
MADE IN JAPAN
これが先になってしまうと
プリントロゴがあっち向いたりこっち向いたり(笑)
いくら調整ができててもロゴ方向が揃っていないと
なんだかな~ですものね
この順序で行うと調整OK!方向OK!
機能も見た目も両立可能です

では組んで行きましょう!
基本的には仮組みと作業はほとんど変わりません
微調整のためのシャフトトリミングが必要というところです

で、このトリミングの際のシャフトカット
軽く流そうと思ったんですが
先日愕然としたことがありましたのでちょいとだけ…





P1050655.jpg 

「見えなければどーでもいいのね」

ゴルフクラブを作るのにシャフトカットは欠かせません
それは長さであったり硬さであったり理由は多々ありますが
その作業はクラブになってしまえば 外からはもう見えません
先端はヘッドのホーゼル内に 後端はグリップで隠れてしましますし

これは先日グリップ交換させて頂いた時の画像です
一流メーカー?として名が通っている いわゆる売れ筋のクラブなんですが…

ナニでどう処理したらこんな跡になるの?!

っていうぐらいの状態でした
ささくれてしまって 言うなればノコギリでお刺身切ったような…
一応カット処理をして新しくグリップ交換したのですが
それを伝えることはしませんでした
せっかく使っているクラブ 知らなくていいこともあるのかなぁなんて最近特に思いますし

売られているクラブはキレイに飾ってカッコよく目にうつるのかもしれませんが
一枚剥がせばこんな作業…
なんだかな~って感じた1日でした

P1050659.jpg 




スポンサーサイト

現場報告頂きました(#^.^#)

05-01,2014

ひと言頂きました(^^)v
「メゾンゴルフの道具は恐るべし!」

img_0 (1)










さらに ふた言頂きました(^^)v
「ドライバーに限らず他のクラブも明らかに以前より飛んだ。」
「クラブ選択が間違ってグリーンオーバーが再々あった。」

img_0.jpg




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。