スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダフリにトップ

02-17,2015

main_image-1_201502162135556a7.jpg 

ダフリにトップ
特に大きくダフって前に行かないのは、出来ることなら起きては欲しくないミスです。
スイングやコースでの話をさせて頂いてると必ずと言っていいほど話題になるこれらの現象ですが、こうして聞いているとそれは起こるべきしてなっているのかもしれません。


ダフり…ボールの手前の芝を噛んでしまいボールにヒットできない現象をこう呼んでいます。
対してトップは、ボールとヘッドのリーディングエッジが当たってしまうことでライナーゴロとなり、距離の制御がきかなくなる現象。
それが過度になるとチョロと呼ばれる現象になるのですが、一応用語としてあげておきます。


例えば1cmダフってしまったとしましょう。
人間心理としては致し方ないのかもしれませんが、今度はダフらないようちょっと上?にヘッドを入れよう(持って行こう)とします。
理屈?としては1cm補正できればいい話なんですが、それをやろうとした場合、ダフらなかったとしてもナイスヒットというよりはトップとなるでしょう。
ほとんどの場合はそれを(ヘッドをボールに持って行こう)すると前よりもさらにダフるという結果になると思います。






ダフりとトップ
その原因と結果
そしてその対処法
ということになろうかと思うんですけど、この手の話をする場合、この方向から進めて行くのが常識?のようですのでまずはコチラから。

P1080478-1.jpg 

ボールの赤道で分割、さらにそれを1/2にした場合です。
一般にはこの一番下にヘッドが入ればナイスショット、そこから上に進むにつれてトップという認識だと思いますが、この方向で常識として言われていることを考えてみると…
考えれば考えるほど、どこにヘッドが入ろうとダフりの延長線上でしかないと思うのです。
確かに結果はダフりとトップに分かれます。
目に見えることですからすぐにわかりますしね。


こう言うと不思議ですか?
現実は刃に当ってトップしているのにダフりと言われても、ワケわからん!!ですか?



で、これをどうにかしたい…
そうなったときに、どう対応していくかは人それぞれでしょうが、まずは何から始めてみましょうか?

先にも言いましたが、今度は1cm上を振って下さい。
そうすればダフりません。
トップした場合はその逆で、1cm下にヘッドを持って行って下さい。
そうするとトップしません。
こういうところから攻めてみますか?

その通りといえばその通りですがね。
表現は別にして、世で言うドリルとか技術とか言われる類はほとんどコレで、日々猛特訓することを練習と言い、その数打つ中でたまには当たる、ほんの少しだけ確率の高い人を世間ではウマイと言っているようですので、それを真似してみるのも方法のひとつであります。

そう聞いてこれがもし出来そうと感じるのであれば、どんどんやってもらったらいいとは思います…
あまり言うと止まらなくなってしまうので、この方法はこの辺にしておきますが(笑)
起こってしまった結果をその場所、その方向から変えようとしても、結果だけをねじ曲げようとしても解決とは言い難いと思います。


じゃあどうしましょ?


スポンサーサイト

COMMENT

なんとなくテレビをオン、ティーチングプロがドリル指導中。色々様々解説してましたが、要は、スライスを治すには、スライスしないように打ってください。ダフリを治すには、ダフらせないように打ってください。飛ばない人には、飛ぶように打ってください、と言ってるように聞こえましたね。あなたの体の動きで解決して下さい、練習で刷り込めばできます、と言う事でした 。
わたしにゃとても無 理ですけど。
ところで、この記事には、続きがありますかね。
2015/02/17(火) 16:18:14 |URL|x #- [EDIT]
かなり引っ張ります(笑)

資格のあるティーチングプロのように華やかに煌びやかにカッコよくはいきませんが^_^;
2015/02/17(火) 17:22:50 |URL|m #- [EDIT]
ダウンの入射角度に対して、、
のロフト の立ちと
スライド&スライド だろうと思います。

一方 ダフリ、トップは 地べたに対しての
ロフトの使い方、、 意識、、
なのかも知れません。

ターゲット方向への力のベクトルが
スライド&スライド アーンドスライドで
【逃がさん】感じは
ダウンの入射に対してのロフトの意識なのかなあと感じます。

柔らかなシャフトにヘビーなヘッドならば
容易にスライド&スライド行けます。

違ってるかも知れませんがそう思います。
2015/02/19(木) 21:15:16 |URL|k #- [EDIT]
なるほど
気持ちよくイケてる感じですね(^^)v

入射角度に対するロフト角度
インパクトロフトを何で管理していくかという事になりますね
2015/02/19(木) 22:52:22 |URL|m #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。