スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メゾンゴルフの舞台裏

02-25,2015

P1080091.jpg 

ゴルフシャフトは同メーカー、同スペックのものでも1本1本違います。
その同じブランドのフレックスや重量が同じものであっても…です。

さらにはヘッド重量にあったオイシイところ♡もシャフトによってそれぞれ異なります。
で、ソコを引き出すためにはミリ単位の調整を欠かすことはできませんので、お店にあるホワイトボードは数字だらけです(笑)

P1080532.jpg 

P1080540.jpg 

P1080536.jpg 

P1080537.jpg 

このデータを公開するわけにはいきませんが、独自にテストを重ねて見つけ出した数値で、そのいくつかのポイントを基準に使用者の方に合ったところへ調整していきます。
その過程ではシャフトを使い物にならなくしてしまうことも多々ありますが…(ToT)

これをやっていていつも思うことなのですが、カタログにあるような一応のデータ?
雑誌に出てるようなインプレッション?は、こう言ってはナンですが、あまり…どころか全く役に立っていません。

さらにはよくあるヘッドとシャフトをくっ付けて、グリップいれて、ハイ出来上がり
(バランス調整ぐらいはしてるのかもわかりませんが…)
それでよくゴルフクラブに出来るよなぁと逆に感心するばかりです。

ウチにはそんな技術がありませんので、地味ぃ~に、世間で言うところのかなり効率の悪ぅ~い?方法で独自の考えを持ってクラブ造りをやっております(笑)

ゴルファーにはタッチポン♬でショットして頂きたいですから(^^♪

P1080512.jpg 




 

重量60g台、フレックスはS、キックポイントは中調子で、トルクは3.5前後
このあたりが今、リシャフト業界で最も多く取扱われているところだと思います。

しかし…その売れ筋のところのシャフトを使ってみても…ですね。
ぶっちゃけナ~ンもワカラン!!のです。

P1080555.jpg

なんとかして体感できるよう、あれこれ手は尽くしてはみるんですがね。
私にとっては単なる棒というか…
そういう認識だけしか得ることができないんです。
スイングとしてなにか手助けになる…そんな要素は見つけることはできません。

ですので、あれをそれでホントに体感出来ている人がいるのであれば、それはスゴイなぁ~と感心している次第です。
(なんか感心してばっかだけども)

まぁ体感できてる、違いがわかる、というのであれば何も言うことはありません。
ですが、そんな方ばかりではないと思いますので、もし私と同じような思いをしている方がいらっしゃるのであればメゾンゴルフまで一度ご連絡ください。

シャフトとはどういうものなのか、ウチのクラブであれば容易に体感可能です♡

これまで疑問に感じていたことも納得できるかもしれませんし、それがもたらす恩恵を現実として目の当たりにすることができるでしょうから(^^)v


メゾンゴルフ
776-0010
徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
Tel (0883)36-9292
携帯 090-1002-1035(ドコモ)
E-mail maisongolf@sky.plala.or.jp
o020002001366816548887.gif 


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。