スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「軸」

03-05,2015



ゴルフスイングを考える上で避けては通れない部分である軸。

頭を動かさないとか
背骨を中心としてとか
1軸だとか2軸だとか
さらにはどちらともとれる太い軸だとか

表現は多々あります。
というかありすぎて、いろんなものを読めば読むほど、聞けば聞くほどよくワカラなくなる…
と思いますが、みなさんはこの軸というものをどのようにとらえていますか?

ゴルフスイングは回転しているように見えますし、事実、ゴルフクラブを持てば、上半身は回転します。

これまで映像を確認してみましょうとしきりに言っている(つもり)ですので、一度は自分のスイングを見ていると思います。
それがどういう形態にしろ、回るとなれば軸となる存在が必要となるわけですが…







せっかくですので復習しておきましょう。

回転…ここではよく体の向きを変えるという表現をしていますが、それはどこかというと、骨盤(お尻)から上のすべての部分です。
その土台となる部分、骨盤(お尻)ですが、そこが動けば上に乗っかっているすべてのものも移動します。
この骨盤の動きを可能にする股関節
ココを使うことにより、上半身すべてが向きを変えるということになります。

ちなみにですが、俗に言う肩を入れるなんて動きは一切必要ありません。
というかしないで下さい。
ゴルフスイング、そしてクラブの持つ機能、すべての動きを台無しにしてしまう動きであるばかりか、自身の体へも極度の負担を与える行為ですから。

CIMG0375_20100613201644.jpg  


って、そんなの知ってるし、わかってる!!
ですよね~
確かにそうだと思います…ケド…


スナップショット 2 (2015-02-08 11-45) 

この形で、アドレスから体(上半身)が向きを変え、トップへと行き着きました。
ではこのそんなの知ってる事について質問です。

この間に回転したとすれば、軸という存在はドコにあったでしょうか?
さらに付け加えて…
この動きに対して、どのように軸意識を持っていますか?




スポンサーサイト

COMMENT

右足から左足に、歩くように上半身を移していく、それにはやはり 背骨が軸ではないのでしょうか?
2015/03/06(金) 02:02:53 |URL|天井天下唯我独尊 #- [EDIT]
コメントありがとうございます!
「歩くように」
高級な表現ですね。そんな言葉が聞けるとは、少々驚いております。
2015/03/06(金) 11:23:49 |URL|m #- [EDIT]
スライドアンドスライド、、
軸があるとするならば
飛球方向へのストレートなイメージ、、
高さも ボールへ寄ってゆく時間の軸も
あるんでしょうか?

理想というとアレですが
何も意識しなくなって
出来てしまうのがいいのかなあと
感じます。
 
2015/03/06(金) 19:06:22 |URL|k #- [EDIT]
コメントありがとうございます!
「時間軸」
これまたすばらしい言葉ですね。
2015/03/06(金) 19:51:24 |URL|m #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。