スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工房作業 その2

04-10,2015

P1090864.jpg 

シャフトの測定です

まずは重量
シャフト単体での重量を計測します

そして基準ヘッドで振動数を計測

トルクの計測も忘れずに!

最後にセンターフレックスを360度計測し、挿入する方向を決めます(^^♪

P1090858.jpg 

今計測しているシャフトはウチのオリジナルシャフトです

その振動数からは想像もつかないような強さと粘りを持ったシャフトなんですけど、その人専用セッティングにするためには結構な数の中から1本を選び出さなくてはなりません

そのための計測なんですけども、これは製作ごとにやるというよりは、お店に届いた時点ですべて計測しておくもので、そこである程度の分類をしておき、使用者の方の希望・要望に合わせて選択していきます(^^)v

P1090850.jpg 


同じシャフトのはずなのに…なんか違うの?
って思うかもしれませんので説明しておきます

シャフトは10本あれば半分は異なる
そういうものです

シャフトは芯金に薄いカーボンシートをくるくると巻いていくんですけども(これをシートワインディング工法と言います)どうしたって誤差は出ます
この誤差と言うと聞こえが悪いかもしれませんが、それを逆手に取ることでそれぞれにお渡しできる幅が広がるんですね♬
(その中にはとんでもない逸品がまざっていたりすることもありまして…)



この作業自体は、なんか地味~な感じがしますけど実際そのとおりでね(笑)

夜な夜なやってる作業なんですけども、
あぁこの数値だとこの要望に合うなぁとか
これ…ちょっとヤバいけどあの人ならおもしろいことになるんじゃないか?
なんて妄想を膨らませることで地味な作業を楽しくさせてもらっています♪

ま、そんな地味に思える作業があってこそゴルフクラブが出来るわけです(^^)




スポンサーサイト

COMMENT

いろいろな工房のお仕事を拝見して参りましたが ユーザーにとってこんな贅沢な
話は初めて知った次第です(^-^)v
クゥ~
たまりませんね‼
天晴れメゾンメイドです(^-^)v
2015/04/10(金) 02:24:32 |URL|k #- [EDIT]
ユーザーさまが一生懸命取り組んでくれてるわけですから、こちらもそれになんとか応えたいですしね(^^)
2015/04/10(金) 09:50:43 |URL| #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。