スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客さまレポート

08-12,2012


新バージョンゴルフクラブレポート
                            悶絶ゴルファー

前書き

このたびメゾンゴルフさんにお願いしてゴルフクラブを新調しました。このバージョンのクラブに挑戦される方の参考になればと思いレポートします。ゴルフの楽しみ方は人それぞれで、スコアを追求するもよし、ドライバーの飛距離を求めるもよし、ファッションを楽しむもよし、ゴルフクラブそのものを探求するもよし、いろいろあってそれぞれの楽しみ方に優劣は無いというのが私の考えです。
私はというと、年齢が60歳を数年越えたこともあり、体を痛めないで長くゴルフが楽しみたい。加齢による飛距離の低下をゴルフクラブの性能で補い、年の割にはよく飛ぶねと、言われたい。趣味のよい服装と真摯な立ち振る舞いで私と一緒にラウンドした人に、あなたと今日一緒にプレーして楽しかった、また一緒にやりたいと思ってほしい。その上自分なりにまあまあかなと思えるスコアがついてくればなをよし。結構よくばり。

009_20120811233003.jpg 

スペック篇

今回のセットは、1W,5W,9W,6I,7I,8I,9I、PW,P/S,SW,
PTの11本セットです。パターは今まで使っていたL字のブリストルタイプです。
全体の特徴は、

1. 重いヘッド重量
 1Wのヘッド重量は238グラムを少し越えています。以前より20グラム以上増量。
7I約320グラム、40グラム近く増えた。
SW360グラム……
バランスはどのクラブもF台です。D,E,の次のFです。

2. 柔らかいが強靭なシャフト
 ウッド系は振動数120cpm~130cpm
アイアンは170台~180台
 とても柔らかです。試しにヘッドスピードが50近い人に打ってもらいましたが、折れません。コストのかかった上質なカーボンシートを使っているようです。 

3.大きなロフト
1W13.5度、7I―36度、PW48度、市販の平均的なクラブより3~4度大きい。

4.大きなバンス角
  バンス角はスペック表に書いてありませんが、観察した感じでは2~3度大きいようです。理屈から言っても、ロフトが増えた分だけバンス角が増えているでしょう。



このゴルフクラブで私が目指すもの

ヘッドスピードの代わりにヘッド重量で飛ばす。
E(衝突エネルギー)=1/2M(重量)×S二乗(スピード)
ヘッドスピードを上げようとすれば、精度は落ちるし、体の負担は大きいし、それよりヘッド重量を上げて衝突エネルギーを上げる算段。


しなやかで強靭なシャフトで自分ががんばらなくでもクラブが動いてくれる。自分がしならなくていいので体を痛めない。
ロフトが大きくてもシャフトの自然なしなりとバンスがインパクトのロフトを自然に立ててくれる。 (私の理解では、これこそがミート率を上げる、の本来の意味で、このクラブセットに最も期待しているところです)

さてこの道具をゴルフコースに持ち込んで企てどおりいくでしょうか?

                             続く   
   
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。