スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレックス

11-01,2011


フレックス

シャフトの硬さを表す方法のひとつで
区分はこのようになっています

XX ダブルエックス Xよりもさらに硬い
X  エックス     非常に硬い
S  スティッフ    硬い
R  レギュラー   普通
A  アベレージ   柔らかめ
L  レディース   非常に柔らかい

このフレックスは ゴルフクラブを選ぶ シャフトを選択する上で
最も参考にする項目でしょう

一般的に基準となるところは Sフレックス だと思いますが
中には S と表示されていなければ シャフトとみなさない
そんな偏ったケースもありますが
このスティッフ stiff
直訳しますと 曲がらない 硬い
ちょっと変わったところでは 動きが悪い なんて意味も含んでいます


使用者にとって十分動くのであれば
どれを使っても構わないのですが
シャフトを選ぶ際
その表示フレックスだけを鵜呑みにしてしまうと失敗しやすい
今回はそんな話です

468-2_20111026230157.jpg 
ブラックスピーダー468DGL F4 


シャフトの硬さ(やわらかさ)は
R は S よりもやわらかい
表示フレックスが合っていれば
どれも同じ硬さ
そう考えていると思います


キャディバックの中を除いてみても
フレックスがまちまちなクラブが入っているケースはほとんどありません
S なら S
R なら R
といった具合にみんな揃っているのが現状です
それのどこがいけないの?
そんなバラバラに入れるヤツ いね~よ!
と思うかもしれません


確かに フレックス基準に明確なものがあればいいんでしょうけど
これは 各社それぞれの基準で決めたもの
ですから A社のS と B社のS は同じとは限りません
はっきり言って 違う と憶えておいていいと思います

ではC社の S ならばみんな同じか?
同一ブランドで揃えれば
あたかもいいセットになったように思いがちですが
残念ながらそうはいきません
モデルによって採用しているシャフトはまちまちです




セットになっているクラブをお持ちの方はほとんどいない
という話をどこかでしたと思いますが
稀に ごく稀に その状態に近いことがあります
非常にレアなケースではありますが

さぞかしクラブに詳しいのかと思いきや
本人全くもって無頓着
メーカーがどこだろうと 表示されているものが何であろうと
関係なし!

で、勘違いしてほしくないのは
クラブなんてどうでもいいと思っているのではなくて
大半の方が大事にしている部分が この人にとっては興味が無い
クラブに対して要求していることが 違う ということです


こちら側から言わせえもらえれば
一見するとバラバラに見えるそのクラブ陣の方が
よほど セット になっているように見えます 

507-6.jpg 
スピーダー507 アイアン用

 
クリックご協力くださいませ よろしくです
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。