スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語は難しい…のかな?

11-21,2011


NEC_0032_20080614070331.jpg

ゴルフクラブの機能をよほど使いたくない
出てくるな!
必要無い あっち行け!
そう言わんばかりのスウィングが展開されているようで…

ゴルフ用語には とかくヨコ文字が使われます
構えた状態を アドレス と呼んでいますが
今回考えていこうと思うのは
構えた状態から打撃動作に移るための準備体勢を作る動き
です

なんだかまどろっこしいですか
通常使われている言葉に直すと
アドレスからトップまで です
文字的にはスッキリするかもしれませんけど
直訳すると 住所から頂点まで?
ゴルフをしている方にとってはこれで通じるかもしれませんが
初めて間もない方にとっては
なんのことやらさっぱり?でしょう
でも先ほどの 日本語 だと何となく伝わるような…



ちょっと質問です
アドレスはいいとして
動きになると 言葉が違ってくる?場合があります
例えば トップまでの動きを
テークバックと言ったり
バックスウィングとも言ったりします
ちょっと特殊系のところでは テークアウェイ と呼んだりもしますが
その最後のは別にしまして
はじめの2つだとすると どちらを使いますか?

0-25_20111118225757.jpg

どっちでもいいよ!わかりきったことを!!
まぁそう言わずに…
なんか画期的な表現が生まれでもしたら
その名付け親になれるかもよ!
もしかすると その言葉 が未来のゴルフ用語として定着しているかもしれない
そんな妄想もあってもいいんじゃない?


ちょっとこの2つの言葉を線で区切ってみました 

canvas1 

そうすると 共通する文字は バック ですから
両者 バック という点では賛成のようです
では テーク と スウィング
このどちらが しっくりきますか?
こちらが見ている感じでは スウィング
ですから バックスウィング と表現する方が
居心地がいいのではないかと思いますがいかがでしょう


こんなこと考えた事もなかったでしょう
気にもしていなかった事かもしれませんね
もし他の人にこんなことを聞いたら
こいつバカか?と思わるかもしれませんのでご注意ください
こちらもある意味 どうでもいい事 として読まれるんだろうなぁ
そう思っていますから

ついでですから どうでもいいシリーズ

非常によく使われる
インサイド と アウトサイド
これって どういうこと?

lpga1_14_20111118231357.jpg

「バックスウィングがアウトサイドだったからミスしちゃったね」
「そうか!もっとインサイドに引かなきゃダメなんだね」

miyaza14_20111118231432.jpg

これって よく聞く会話でしょ
なんかあたり前のように成り立っているようだけど
これ聞いてると
よほど2人は通じ合っているんだね~って思っちゃう

その基準(視点){相対}が合っていないと
トンデモナイ方向に行きそうだけどもね

まぁ どうでもいい話 なんですがね



いつもひと手間 どうもありがとう!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
 
 各ボタンをクリックして頂きますと
当ブログのポイントが加算されます
引き続きどうぞご協力くださいませ
 店主 


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。