スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動くシャフトのススメ

12-06,2011


やわらかシャフト道
そんな表現が適切かどうかはわからないけども

ブラックスピーダー468GDL


468_20111205225536.jpg 


フレックスは勿論 規格外のオリジナル F4 F5

つまり ここでしか手に入らないブツで
使用実績からしても信頼のおける 逸品 であることはゆるぎないところ
その違いは 使ってみれば一目瞭然
シャフトは生き物である
そんな言葉に納得できることだろう
よくある 無機質な反応なしのモノとは明らかに違う 



スピードに関しては 少々せっかちなところがある
つまり 人間側を上回ってしまう
走りすぎてしまう ところがあるが
それだけ 能力が高い ということへの裏返しだから
ぜひ 手なずけて頂きたいところだ

(そのスピードについていけるかな?)

タイミングがはまった時のその恩恵は…
ここでは 控えておこう
自分の目で 感触で 結果で
確かめてもらうのがいいだろうから!

reshaft-2_20111205230012.jpg

シャフトとは本来
しならせる ものではなく しなる ものです
しなり とはシャフトの歪みそのものですから
歪めばシャフトは元に戻ろうとします

ですが現状は しならないもの を しならせる?

のがスウィングの役目になってしまい
その悲しい現実として
しならそうとしても しならない
その結果 ボールを打つために 人間が代わりにしなっている
という 目を覆いたくなる光景ばかりです

gandg431.jpg

(体の柔らかさがものすごく強調されるのも このあたりに原因が?
 むしろ変な方向に動かない分 体は硬めの方のほうが好都合かもしれません)


そんな理不尽な世界からは さっさとオサラバしましょう
そして 新たなゴルフライフ を形成してみませんか?
目からウロコ どころか 眼球が落ちる
ようなことになるかもしれませんが…
これまでのゴルフクラブの常識を覆す
その生き証人になれるかも ですよ

39840f4b37b193e117550b8b06a32de2_l_20111205230405.jpg

(ちなみに シャフトは タテの動きが メイン機能です)




このシャフトからすべては始まる!

そう言っても過言ではありません
一歩踏み出すかどうかは あなたの決断にかかっています!

ボールをつかまえる その本当の意味 と ボールのつぶれ
これを味わえてこそのゴルフショットです
複雑な動きは クラブに シャフトに任せておけばいいんです
これまで やらなくてもいいことばかり強要されてきたんです 

glf1005250957000-p1.jpg

本来  道  具  とは
人間にとっては 複雑 面倒なことを代行してくれるためのものでしょ
ことゴルフは この発想とは真逆ですよね
手ぶら だと出来るのに 百歩譲って 素振り ではできるのに

いざ打つとなると とたんに 出来ない!


それって なんだかな~
道具を持った方が難しくなるって…
しかも やっと 当るようになったと思っても
理想の弾道とは 似ても似つかないもの…
飛距離ものぞめるはずもなく なんだか弱々しい球
ピン筋に打てた!そんな時に限って ボールは手前のカラー
そんな経験おありだと思います

この現象はウェッジにも多いかもしれません
スピンが効く!その謳い文句で買ったのはいいけれど
止まってしまうのは かなり手前でのことばかり
ピンに届いてスピンが効く 止まる のではなく…

ま これらの症状 みんな同じ事と言えばそうなんですが

006_20111205231647.jpg



動くゴルフクラブ作り
 これには少々秘密があります
その秘められた隠し味 なんだかつきとめてみます? 



クリック ご協力 ありがとうございます 店主
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ

004_20111205232016.jpg



スポンサーサイト

COMMENT

ゴルフギアについて勉強させてもらってます。
やっぱりシャフトってカナリ重要ですよね。
ブログやってます↓
ゴルフショップ店員(新人)のノート
http://golfclub72.blog.fc2.com/
2011/12/06(火) 21:38:08 |URL|新人 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。