スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブが出来るまで その2

01-19,2012

さて 採用候補の ヘッド と シャフト が揃ったところで
今度は調理 いや作業と行きましょう

重要になるのが ヘッド重量とシャフトの関係 で
とりわけシャフトで神経を使うのが 振動数(cpm)です

009-1_20120117235944.jpg 

あれ?ヘッド重量じゃないの?

と思うかもしれません
それはそうですよね
散々ヘッドを重くしろ!と言い続けているんですからね
その重さをいくつにするか(できるか)
というのも実はこの振動数にかかっているところが大きいんです
単に重くした だけ では使い物になりづらいんですね

026 (2)


使いなれたシャフトだと そのイメージはすぐ湧くんだけど
ハツモノ だとそうは行きません
どのヘッドがマッチするか
どの重量帯で生きてくるか
そしてそれを使う人にどのような影響を与えるか
などなど
作っては分解し また組み立ててテストして
その繰り返しです
 030 (2)

これが私にとっての楽しい時間なんですけどね
練習場が空っぽになった時
その隙間をねらってコソコソやってるんですがね
ウマくはまった時なんかは 多分ニヤニヤしてんでしょうね
とても人さまに見せられたものじゃあないことは確かです



シャフトの性格を表すのに キックポイント というのがあります
聞いた事ある方も多いでしょう
中調子 とか 先調子 とか言ってるアレです
どっかで同じような内容を書いたように思いますが
その位置は 想像しているよりも
かなり かな~り 狭い範囲でのことです
シャフトの中心から前後約4~5cmのことになります
でも先調子と言われると ホント先っぽの方を想像しちゃうでしょ
こんな画像もよく見かけますしね

img_1194014_31361064_2_20120118001749.jpg

参考記事
http://sandesports.blog.fc2.com/blog-entry-93.html


039_20120118231124.jpg

その位置の僅差をわかって頂けたところで
再度 ヘッドを見てみますと…
この違い 見た目にも明らかに異なりますよね
1cm程度 ネック長に差があります
それをそのまま シャフト装着すれば 先ほどのキックポイント
この位置そのものが ズレたクラブができあがるわけです
同じ2本のシャフトを装着しても
ネックの長い方は 元寄り になり
ネックの短い方は 先寄り になります
単純にですが 1cm程度ズレるわけですから
そのシャフトの謳い文句とは ちょっと違ってきますね

ヘッドとシャフトのマッチングとはこんなところでも違うのです
でも 一概にこれが悪いのではなく相性ですから
シャフト単体でのキックポイント だけ を見ても仕方の無いことで
中調子のシャフトを使った先調子のクラブもある ということです
要は どんな意図があって 組みあげられているか が大事なんです


それも シャフトが動いて
という前提ではありますが
くどいようですが
動かなければ キックポイントなんて
なんの意味もありませんしね
042_20120118002130.jpg

でもこれを利用すれば 同じパーツでいろんなクラブが作れるわけです
先端の飲み込み量によっても シャフトカット方法によっても
出来あがるクラブは変化します
もちろんヘッド重量によってもね

だから 組んではバラして の繰り返しになるんです
これも あまり知られていないことかもしれませんが
シャフトは すべて同じもの とは限りません
それぞれ計測していくと バラつき が出てきます

この誤差をまず把握しておかないと
ドライバーはせっかく合ったにもかかわらず
フェアウェイウッドに用いる場合に不都合が出てきます
セットとして成り立たなくなるんですね

043.jpg

特にアイアンの場合は 顕著にあらわれます
アイアン用シャフトとして使われているシャフトは
番手別設計といって 番手ごとに分けられているのが一般的です
ウチが採用しているシャフトもこの番手別設計のシャフトです
これは 非常に便利なようですが
使い方を誤ると 使用者にとって 厄介なアイアンセット?
が出来あがるんです

では また後日


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ

ミステリー企画 ご好評頂いております!
気になっている方は
どうぞ お早めに!

クリックの方も どうぞよろしくでございます
S&Eスポーツ

スポンサーサイト

COMMENT

サン○アGCアウトコース、1バーディ3ボギーの38(15P)です。
S&Eのセットに総入れ替えしてから10ヶ月と5日目。パターはL型ブリストル(柔らか仕様)。
おもえば、アイアンは軽量スチールからの移行でしたがひどいスランプにも陥ることもなく受け入れられたのがチョット不思議です。
やはり最後は腕でしょうか。というのは言い過ぎですね。ハーフではベストですが終わってみれば結局いつもと同じようなスコアになっていましたからね。
2012/01/19(木) 18:38:59 |URL|YK #- [EDIT]
本日は雨の中どうもありがとうございました!
実地テストもなかなか好調のようでなによりです
そのL型の恩恵を味わっちゃうとね~
いやいや さぞ気持ちよかったことでしょう!
(でもそのパターに導かれちゃったら
ちょっとアイアンが物足りなくなっちゃう可能性が…)
2012/01/19(木) 23:55:45 |URL|製作者 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。