スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この位置にあるG それはもはや神秘!

03-05,2012

今度はヘッドの重心位置の確認だ
これも繰り返しになってしまう内容になってしまうから ここでは簡単に位置確認としておこう
その位置がどこにあるのか
それを知っておくだけでも 今後に大きな違いがあるだろうからね


shape3_20120304225536.gif 


この重心位置は 重心距離 重心深度 重心高 これで表されるんだけども 単純には その持っているシャフトに重心点は存在しない ということだ
俗に芯と呼ばれている点(ちょっとこの表現 しっくりとはこないけどわかりやすくするためにこう言います)が無いということを認識しておいてほしい

shape1_20120304225604.gif




その形状でボールを芯で打つという行為をみてみよう

ドライバーの場合 この重心距離は約4cm離れている
で アドレス時にはこの点を合わせているのだと思うけど その手に持っているのは間違いなくシャフト(グリップ)だね
それってなんだか釈然としない そう感じるのはウチだけなんでしょうか

イマイチ言ってることが よくわからない?
OK!つまり こういうことだ
その芯で打つためには自分が持っているシャフトをそのままボールに向かって振れば求めているところではなく シャフト(ヘッドのネック)で打つことになってしまうから 重心距離分 自分側を空振りしなければ当たらない ということ

まだ しっくりこないかい?
インパクト付近はこう動かすイメージだと思うけど そのラインはヘッドの重心位置なわけだだから重心距離分シャフトは内側を通らないと イケナイ ということになってしまうでしょ

そのへんも含めて ヘッド(フェース)コントロールと呼んでいるようだけども 確かにその距離を管理することが出来たとすれば ヘッドにボールは当たります

12-2_20120304230204.jpg


でも冷静に考えてみて
その区間は最もスピードにこだわっているところだよね 多分
ということは スピードを出しながらそのラインを狙ったところに通すって かなり難儀なことにはならないかい?

ちなみにウチではこういった行為を超人と呼ぶ
最近おぼえた言葉で言うと ヤバい もしくは 事件 だ


これまた ウチがよく よ~く使う言葉に ~~~なる というのがあります
インパクトなんかはその典型で
作る ものではなくて そうなる ものだ
もう一つ掘り下げると
そうなるように 対処しておく ということになり
さらに魔界的ナマケモノとしては
そのために利用できるモノが どっかにないかな~~~
なんていう発想だ


 

使えるものは何でも使おう!
なんて言うと浅ましく聞こえるかい?

ウチはそうは思わない
道具は使ってこその道具
その機能を使えてこそ道具は喜んでくれる
そう思っている

img_47190_8007842_1.jpg

芯に当てることばかりに目が向くんじゃなくって
放っておいても当たる
そんな方法を探し出すのも オツ なもんだよ
 


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 
このヘッドカバーセット
かわいいよね!ナイス!!

S&Eスポーツ


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。