スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高 中 低

08-31,2012

ヘッド重心位置とシャフトが揃った状態というものを考えてみよう

重心距離 重心深度 重心高
この3方向からあらわされる重心点がシャフト延長線上にくるわけだから
その距離分 横にスライドした状態と前方に出たような形になるのがわかるだろうか
 
wood_01-1.gif 
wood_02-1.gif

重心高については この距離が高いということはシャフトに近いということになるから 先の縦横の動き量が少なく 距離が低い(俗に言う低重心)はボールが上がりやすい ということを踏まえると その量を増やしているととれる

昨日に引き続きだから もう想像ついたかとは思うが
その現象はロフトを増加させ ボールの高さを確保するため というのがひとつの役割ということが理解できるだろう
そうすると アイアンは重心深度が極端に少ないのも納得できる?
元々ロフトが多く設定されているのだから 深度分補うという必要性がないわけだよ

iron_02-1.gif 

コースに出れば ボールを高く上げたい場面もあれば 低く抑えたいケースもあるだろう
その弾道を同じクラブで打ち分ける
そんな芸当も理屈としては可能だが インパクトというのは5/1000秒という時間とも取れない瞬間でしかない
その時間?で勝負したいというのなら別に止めはしないが そんなことしなくても
いや…する必要はないのだから避けた方がはるかに効率はいい

005_20120827013345.jpg

幸いなことに ゴルフはパターを含めて14本の使用が認められている
その本数をどう扱っていくかというのも ゴルフの楽しみのひとつには違いない
憧れる弾道 理想とする弾道というのもあると思う
そんな願いを叶える切符も ゴルフクラブにある

スウィングも確かに重要なファクターだ
しかし これまでの説明でもわかるとおり クラブが機能しなければそれを補うことがメインとなってしまうということがあまり理解されていないようだで
ウチの言葉で言うなら

“やらなくていいことばかりになっている”

そのせいで 本来すべきことに手が回らなくなり…

この内容はまたスウィングを説明するときにするけど ひとつアドバイスするとすれば
やるべきことを憶えていくのもひとつだけれど やらなくてもいいことを憶えるという発想もアリだと思うよ
ある意味 不必要なことをそぎ落としていけば 本来(普通のクラブなら)持っている機能が顔を出してくるものだから
 

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。