スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コツは奇絶すること?!

09-28,2012

一端動き出せばジェットコースターに乗っているようなもんです
クラブと運命共同体?
止まるまで ある意味行き着くところまで 動き続けるだけ

resizeimg.jpg

動く という言葉からか その連想の先には
筋力による自発的な運動
つまりは スピードを生むためのもの みたいに感じているのかな
確かにアドレスからトップまでの過程には 自分で動かなければいけない
(かもしれない)
重力と逆行する運動になるから

でもね 重いヘッドを長さの先に わざわざ 取り付けているにもかかわらず
このスタート区間を筋力負荷として 重たく感じている人って少ないと思うんだよ




逆にダウンスウィング
これ 重力方向の動き なんだけども
こちらは格段に 重い! と思わせる動きを見せてくれる
わかりやすく言うと
おもいっきり頑張っている
それも クラブの重さに抵抗する筋力というよりは
ヘッドを動かそうとする力
与えようとする力
を発したいという筋肉の使い方をしているのだと思う

いつも期待通りの(想像通りの)返答でなくて申し訳ないんですが…

その使い方も  発想がまったく 




飛ばなくなったのは筋肉がないから?

確かにね みんなが持ってる筋肉
その大小の違いは当然個人差があります
でもですよ 幸いなことに

2本の足で立てているでしょ そして 歩けるでしょ

じゃあなんの問題も無し
十分な筋力をお持ちです

だって体重を動きの中で受け止められているわけですから





ちなみに クラブ扱いを無視した強引かつ瞬間芸でいくのなら話は違ってきます
ウチらとは真逆の方法ですから
筋力だけでなく 体の柔軟性も必要でしょう
永遠に維持のためだけの訓練も欠かせません

01613470-1.jpg

ゴルフクラブは交換することも可能ですが
体を付け替えるわけにはいかないのですから…
とすれば 重さとシャフトの扱い方を習得しておいた方が
未来に打つ布石 としてはなかなかの一手だと思いますが?

resizeimg-1.jpg

ジェットコースターに動力源は付いていません
エネルギーとしては 高さと自重 そして乗っているお客さま
その力が下り坂になることで解放されているだけです

それであの もう勘弁してくれ~~~ という状況が生まれるわけでしょ
その状況はゴルフスウィングでも同じ事
ある意味 なすがままの状態にしないと その他のことはアクセルとはならず
抵抗 つまりブレーキにしかならないと思います 

 


機能という点では ゴルフクラブは比べ物にならないほど満載されています

発信機 としてもそうですし 財形貯蓄のようなありがたい面も
まさしくナビゲートしてくれる 頼りになるヤツ です

021.jpg

また始まった…
みたいな反応が目に浮かんできますけど わかる人にはわかると思うんだけどなぁ~

行く時間も場所も そしてそこで必要な資金も?工面してくれている
至れり尽くせりな相棒だと思うんですがね~

002_20120927221523.jpg 

(あまり言ってくれないんで この際だから自分で言っちゃおうっと)



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。