スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び名いろいろ

10-04,2012

オンプレーンスウィング にローテーションスウィング
フックグリップに左肩亜脱臼打法
そして背骨ドリルスピン
 
 13365_600400.jpg 

ま 呼び名はなんでもいいんですけど
たかだかゴルフの ボールにあてるための方法論のひとつですけど
それで楽しければそれでいいんですけど

お付き合いの長い方 またはブログを読んでくれている方はお気付きかとは思いますが
現在主流とされている方法なり理論
なにが気に入らないのかって どこからどう見ても
ソールでボールを打とうとしているとしか思えない!から

もひとつ言えば ソールで打たされるだけではなく
体を痛めることが必然となっているという 由々しき事態!(のはず)
いつ非常事態宣言が出されるのか?
っていうレベルだと思うんですが いくら待ってみたところで

なにも変化は起こらない
起こそうとしない…
ん?起こしたくない!…の?

この画像…いったい何がやりたいのか?
いつ見ても意味不明です…

















e0021684_152292.jpg 

もしこの状況で自分がその中心にいる
さらに 周りのすべてを追い払わなければならない

そんな状況に置かれているのだとしたら
ゴルフクラブを 別の意味での道具 として使わなければいけませんので
重力だの面だの言っていられません
先っぽだろうが 柄の部分だろうが 何とかして敵に当ててダメージを与えることが最重要課題なわけですから
それなら納得はできます

自分を中心とする腕とクラブの長さの円周分 敵には届くでしょう

op.jpg 

冒頭 スウィングの呼び名はなんでもいいと言いましたけど
このスウィング イイ名前思いついたんですけど!

体温測定打法

これしかないでしょう!
思わず具合悪いんですか?
そうたずねたくなります

なんでかって?
“だって体温計を脇にはさんで熱測ってるように見えません?!”



世間では“脇がしまっている”と言うそうで驚いたのですが
これは 右腕の肘部分を体に付けた状態 と言い
その意味合いは 右腕を使用不能にするためにする形 です

これも前に説明した記憶がありますけど
“脇をしめろ”というアドバイス?は“腰で打て”みたいなもので 現実的な形というよりは イメージとしてのニュアンスが強いものです
(スウィングの理解が進んでくると これらの意味するところも分かってくるとは思います)

“脇があまい”

これ なにかの詰めに失敗したとか ちょっとうっかりしてた
みたいな時に使われる表現ですよね
同じように“脇をしめる”という言葉は 抜かりないように とか 万全の準備でかかる という意味合いで 決して肘を体につける事を言っているわけではないんですよ



まだ納得いきません?
では体の側から行ってみましょうか

脇がしまっている状態というのは 体の側面
つまり脇の部分を含めた横腹全体のことを守れる状態
プラス
機を見れば 攻撃に転じることができる姿勢 のことを言います

ボクシングなどはいい例かもしれません
ガードしつつパンチも繰り出せる姿勢
これが体側で言う“脇がしまっている”ということになります

これでOK? 


 contents_xl.jpg







闇雲に振り回して 当たったとか 飛んだとか
偶然だけのものに喜びを感じているのだとしたら なんだかさみしいですね~

ファールチップでホームランを打とうとしている?!
ポップフライの弾道でも 奇跡的な力が加わればそこそこ行くのかもしれないけれど
ロケットに乗って月に行きたい気持ちは分からないではないけれど
それならそれで すべって上に行くんじゃなくって ホントの意味で上に打つ(運ぶ)方法って考えてみたことあるかい?

って言っても伝わりにくいかなぁ
その前にファールチップしているということにさえ気が付いていないというのが現状だろうし…

だとすると
バントでホームラン!
これはもっとチンプンカンプン
理解も想像も通り越したところなんだろうなぁ~


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。