スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらへ導かれたいですか?

10-23,2012

スウィングをより良い方向へ持って行こう!
それも本人あまり意識せずに
気が付いた頃には スウィングもよくなってる~?!


コレ
「スウィングにあまり大きな変更はかけたくないから徐々に」
なんていう要望には持って来いのことではないでしょうか
“スウィングというものは 何を持つか で決まってしまう”
この法則は なにも悪い方だけではありません
イイ方にも働くということもお忘れなく

main_image-1.jpg



では方法を…

でもその前に 良いとか 悪いとか 言っていますので
まずは この定義をしておかなくてはなりませんね
良し悪しというのは 立ち位置や見方によって 簡単に裏返るものですから

“ゴルフクラブの代わりをさせられていない”

硬いシャフト(本人にとってオーバースペックなもの)でスウィングすると
必ず人間側がしなります
相方(シャフト)が全く動きがないのですから そのツケを払わされている
ですから ウチでは必要の無い動きをしていないスウィングを良しとしています
ヘッド重量に関してもそう
軽いヘッドを使っているスウィングは 拠り所がスピードしかありませんので その結果見るも無残に崩れ去る…
しかも どんなにスピードを与えられたとしてもコスリ球から逃れることが出来ず 捕まえることすらできていません
もし 万が一捕まった場合は 左への引っかけ でしかないでしょう
イヤでも捕まるボールのはずが…です


“体のねじり運動をしなくてもいい”

これもクラブの代わりという意味では同じです
クラブが動かない 破壊力不足(ヘッド重量)から引き起こされる必然です
そんな体にとって無茶なことしなくても
ボールは簡単に打てます



009_20121019213345.jpg

ゴルフクラブの仕事はゴルフクラブに
人間の仕事はきっちり人間で

スナップショット 1 (2012-09-29 13-58) 

役割分担の無い クラブの意味があまり無い
体力依存型スウィングから
ゴルフクラブ活用型スウィングへのバトンタッチ
そんな架け橋となってくれるのが これからご紹介するクラブとなります


ここで基準となるのが 現在お使いになっているクラブです
ドライバーで話をすると
振動数230~250cpm(R~S相当)
というところが多いと思います

その振動数 まずは15~20cpm落としてあげましょう
プラス
ヘッド重量を振動数に対応した分 アップさせます

柔らかさとヘッド重量というのは 相関関係にあります
ですので どちらか一方というのでは あまり効果は期待できません
ま それでもやらないよりは随分イイですけどね

それとリシャフトする際のアドバイス
純正モデルのシャフトから 社外品に変更する場合
往々にして 表示フレックスよりは1フレックス硬めとなります
ですので リシャフトの際 振動数管理を必ずしておきましょう




せっかくリシャフトするクラブですから変化も感じてみたい!

振動数200アンダー
この数値のクラブ
見たことも 勿論打ったこともないでしょう
そして重量管理されたヘッド装着となると まず無いと断言できます

そのフレックス感というと…

011_20121019213651.jpg

いや 多くを語るのはやめておきましょう
打てばすぐわかるし あらぬ先入観を持たず そのまま打ってもらうのが一番でしょうから!




スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。