スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予測と結果

11-08,2012

見ていなければ当たらない?
そっちに集中してしまうと 他へと気が回らない?
あれもこれも そんないっぺんに出来なよ~!
確かにそのとおり
スウィングでやれることなんて そう多くありません
だからこそボールを目で見ることに労力を使ってほしくないんです


ほんの少しの先を予測しながら行動をとる
これがスウィングを考えていく上で重要なことだと考えています
その場その場での対応では その都度 時間誤差を蓄積していくことになりかねません
となると 最終インパクトで調整という一か八かの方法しか残されなくなります

クラブの重さに呼応しながら ほんの少し先回りした動きをとる

わかりにくいと思うかもしれませんが(ウチのクラブ使ってれば)次第にそうなっていくはず
要はクラブの声を聞く姿勢になれるかどうか です

P1000334_20121101031907.jpg 

次の展開を決めていくのは ガイド役であるゴルフクラブ
体の側で言うと 肘の動きと脚を使った骨盤の動き ということになろかと思います
(繰り返しになりますが 軽くて硬ければそれは困難極まりないものになるでしょう)




2.png

例えば この位置
ゴルフクラブの重さが ある意味最も重い状態です
重力上 長さが最大になっているとも言えます
ヘッドに目を向けてみると 重心位置が自分側ではなくボール側に位置していることがわかると思います

1.png

シャフトの長さ分離れた位置にあるヘッド
これはグリップを支点としての力になりますから 重量×長さというモーメントがかかります
ベランダとか庇とかの柱の無いタイプの構造 いわゆる片持ち梁の状態です

重心位置が作用する力
これはシャフト軸から重心位置までの距離
その重量分 シャフトを介してグリップへと伝わります
この時 ヘッドがどの方向にある時 重い(軽い)か
いろんな方向で試してみるといいでしょう
その重量差を体感してみてください


グリップ部をその位置に固定し ヘッド(クラブ)の支えている力を抜くと 時計の針が逆回い(9時から6時方向)するようになると思います
この円軌道 クラブ扱いとしては残念ながら最悪と言わざるを得ない動きです
すくう すけ込む ソール打ち ま 表現はいろいろありますけど

3.png 

はて?ではクラブ自身は最悪の動きをしようとしているということですか?

そうですよね そうきますよね
期待通りの返答ありがとうございます

ゴルフショットはクラブと人間
そして すべてにおいて平等な要素を加えた状態で行われます

例えるなら ミックスジュース?お好み焼き?みたいなもんです
(この例えが相変わらず邪魔なのかな)

そのままでは 最悪のこの動きも 外部要素が加わると…
う~~~ん 誠に美味!
と相成るわけです
嫌いなセロリも混ぜてしまえば大丈夫!
これは ん~~~ ちょっと違う気がするけれど

4.png 

人間が持つイメージとしては
簡単に言うと
クラブがスライドするように扱ってあげること
ちょいと表現を変えると
時計の針を固定している芯を外してあげること
ボールへの着陸は ヘッド(クラブ)に任せておくこと
そんなところかな~
 

さて 名パイロットになれるでしょうか
見事なゴルフクラブランディングで快感インパクトをご賞味頂けることを期待しております








28030f12d42eb48265be4cac4de8dc36.jpg

ちなみに 飛行機の操縦室
これ コックピット というんですね
その語源は「cockpit」
cockはにわとりを pitは囲いを意味し 元々は闘鶏場を指していたそうです
かといって 間違っても「コケッ」ということにならないでね~




スポンサーサイト

COMMENT

あはっ、<コケッ>、よく出たねー。
こけっ、どたっ、症状は違うけど、原因はひとつ。ソールがべったり地面に着地するからね。ソールのリーディングエッジ側というか、ヒールの角っこが着地すると、トップブレードとシャフトでできるV字から球が飛び出る。
<ズン>とくる。これが最高の楽しみ。
2012/11/08(木) 12:08:58 |URL|x #t7EgGTA6 [EDIT]
ボールが嫌々動き始める…
2012/11/09(金) 02:55:13 |URL|m #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。