スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペック豆知識<重心深度>

11-10,2012


001 (7) 
SYB W422V #3,5,7,9


<重心深度>
この項目もクラブ扱いによって大きな違いが出てきます。アイアンはそう神経質になる必要はありませんが、ウッドの場合は注意して選びましょう。

重心のズレはシャフトの動きと相まって直線状に揃う動ききをするのですが、これは重心距離も同じこと。この重心深度が揃う意味合い、これも大きく誤解しているようですけども、それは少し別の視点でとらえた方がわかりやすいかもしれませんが、結論を言うと、シャフトのしなりによって重心深度分前に出る姿勢をとる。このことによってロフトが増える形になり安定する。つまりは打ちやすくなるという機能なんです。
 
よくシャフトが逆しなりをする?!
なんて思っている方が少なくないことに驚きをかくせません。
シャフトによって、まるでヘッドがボールを横ビンタしているかのごとく…というイメージなのでしょうか。
そんなのアリエナイ!
実際は、この重心深度分ヘッドが前に出ているだけなんです。

021_20121106133621.jpg 




スポンサーサイト

COMMENT

7Wを月曜日に取りにいきます。
さすが、メゾンゴルフ!!
2012/11/11(日) 11:03:14 |URL|JIN #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。