スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーツ重量と総重量とバランス

09-12,2012

 ヘッド重量:197g
シャフト重量:58g
グリップ重量:47g
長さ:45.0インチ

この条件でクラブを組めばバランス値は大体D0~D1あたりになります
世間標準基準というところになるのでしょうか
それともこの値が絶対基準としてお考えなのでしょうか?
それほどまで このD0~D1というところでクラブは組まれています
で これよりも値が大きいものを 重い として位置づけているようです
 
017_20120911222947.jpg

ヘッド重量:205g
シャフト重量:48g
グリップ重量:52g
長さ:44.75インチ

この条件でもバランス値は同程度に収まります
さらに付け加えれば ヘッド重量を上げていってもグリップ側の重量も上げていけば これまたバランス値としては同じに仕上げることも可能です


このバランス値はクラブの振り感として用いられている指標で 確かにこの値が示すところが上がっていけば重く感じるものです

しかしながら 少し指摘しておきたい点があります
例え同バランスであったとしても それは同じクラブというわけではありません
持っているクラブがD1だったからと言って次のクラブも同じものを
という選択方法をとりがちですが 条件にもありましたようにこの値(記号)は長さを含むものですから一概に決めるわけにはいかないのです

俺にはバランスはいくつが合っているんだよ~
なんて声をよく聞きますけども ホントに意味わかっていっているのかなぁ

一応このバランスの計算方法をあげておきます
興味ある方は一度ご自身で計測してみるのもいいでしょう
専用の器械がなくても 秤と定規があれば簡単にできますから

004 (2)




あともうひとつ
この指標をヘッドの振り感 操作感 として捉えているとしたら
クラブ扱いとしては最悪と言わざるをえません
自分がヘッドを動かそうとして失敗すると 重いとか軽いとかという評価になりがちです
作る側の言い訳ととってくれても別に構いませんが
その運動で上手く当たろうがどうしようがヘッド重量なりバランスは関係ありませんので




関連付けられるかどうかはわかりませんが
ひとつドリル風景をアップしておきます
参考になればいいのですが







スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。