スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペック豆知識<FP(フェースプログレッション)>

12-02,2012

FP(フェースプログレッション)

fp-1.jpg

ヘッドのリーディングエッジ、この位置をシャフト軸線からの距離で表したものです。
俗に言う出っ歯とよばれるウェッジはこの数値が大きくなり、グースネックはこの逆(マイナス)となります。

このズレをオフセット形状と言います。クラブだとイメージしにくい場合はパターを思い浮かべると分りやすいかもしれません。これはピン型と呼ばれるタイプのモノですが、シャフト軸線から随分ヘッド(エッジ)が後方にあることが見て取れると思います。
 
006 (3)

ここでもひとつ疑問というか、どういうことなのかよくわからないことがありますので、ご提起させてもらいたいと思います。
このグースネックは引っかけるという現象の代名詞としてよく取りざたされます。これに対してストレートネックという形状があります。こちらはパターのL型タイプですが、一般の基準で行くとストレートということになろうかと思います。 

007_20121121004425.jpg 

これまた一般の印象で行くと難しいというものだと思いますが、ここで私の疑問点。
最もボールが捕まりやすいはずのパター
このパターがストレートでは無いのはナゼなんですか?
これはちょっとばかし皮肉交じりですけど
クラブの方はストレートだの出っ歯だのローバウンスだの…それらが入っているバックほど、おかしげな形状のパターが入っているのはナゼ?なんですかね


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。