スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンカーショットなんて簡単極まりない!

12-06,2012

バンカーから脱出できない?!

避けてるはずなのに まるで吸い寄せられるかのごとく捕まる…
入れば2回3回ショットするのは あたり前?
せっかく調子よく来てたのに…
 
main_image-1_20121205194039.jpg

そんな姿を見かねてか バンス角度がどうの ロフト角度がどうの
あげくメーカーまで指定されてウェッジ買いに走ったはいいけれど
残念ながら改善される気配なし…
 

もうバンカーなんて見るのもイヤ!!!


なんてゴルフには単純 且つ 笑い話の(はずの)コトが
至って深刻な悩みとなってしまっているケースが多いですね
このバンカーの例もそのひとつです

そんなの コレひとつだけ
クラブ(ヘッド)に機能を持たせてあげれば それで済んじゃう話なのにね
そこをすっ飛ばして話を進めちゃうから ウマくいかんのよ

012_20121205194347.jpg 

見ざる聞かざる言わざる

だからサンドウェッジとは呼ばずに 56度とか58度とか
そんなロフト名称で呼ぶようになったのね
サンド
見るのも嫌だし 音(声)も遮断してるってことなのね
イヤ~納得!

ロフトで呼べば なんか上がりそう!
アゴの高さも超えてくれそう!
みたいなイメージになりやすい?それとも…居心地がいいのかな

005 (3) 









巷にはゴルフクラブを話題にしているものは多数ありますが(このブログもそのひとつですけども)どうも幹となるはずのことをそっちのけにして枝葉の しかも毛細血管状のところを語っています
それがプロであるはずの所のものが…です
まさに見ていて(読んでいて)滑稽
ま ある意味 楽しませてもらっているとも言えますがね

でも こんな風に言うからイケナイのかな~なんて反省もしています
ウチも(他店と同じように都合の悪いことは) 言わざる で行こうかな~~~
なんて思う時もしばしば…でもホントのこと伝えたいと思うから ついつい(余計なことまで)言っちゃうんだよね~








って話を戻しましょう

バンカー脱出作戦?とばかりに極端な形状のものも見かけます
その意図はよくわかりますが やはり欠けているのは幹の部分です
ですから これまで何を使ってもダメだった方
多分 意識はしていないかと思いますが
それは言い換えれば
「バンカーショットに対するゴルフクラブの答えを自ら見出したということなのです」

どれ使っても大差なし…ってね

ことバンカーショットに対するスウィングは決して悪いものでありません
見る限り 今のスウィングを変える必要はどこにもありません
なのに ナゼ? バンカーショットが苦になるのか

ロフト角度もあれこれ試した
それはもうバンス角度も抜かりなく
それでも バンカー嫌い からは脱出することが出来ずに もはやあきらめモード… 

でも それも納得なんですよ
 最重要項目 これ すっとばしちゃってますから
 

pht02_20121205195536.jpg 


その答えは…長々引っ張ってきた幹の部分
それはもう申し訳ないぐらい簡単 明快 超シンプル
(ついでに言うと あたり前)

ヘッド重量不足

そのスタート地点から始めていかないと
申し訳ないケド 何を語っても 無駄! なのですよ



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。