スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールの直径 使えてるかい?

12-14,2012

ゴルフボール
これは直径約42mmの球体ですけども
あぁ これだけの大きさがあれば ショットするにも楽チンだよなぁ~
なんて思えている人が一体どの程度いるのでしょうか
 
007 (3)

これが現実では芝生の上 もしくは砂(土)の上にある状態で打つことになるのですが
ショットは難しいものだ
ということしか聞こえてこないことを考えると その時
地面とボールのこの僅かな隙間
ここにヘッド(リーディングエッジ)が入っていくことがナイスショットを生んでいる
そう解釈しているのではないでしょうか

008_20121213182353.jpg

その条件では この僅かな空間
それこそミリ単位で管理出来ないと思うようなショットは打てないということになります
数打っている中で 何回かはウマく行く時もあるかもしれませんが
もし 今のと同じことを次にも出来るか と言われればそれは運任せ?
それとも精密機械のような存在となるべく ☆飛雄馬的特訓をつむ?
それよりもまず このミリ単位打法 なんか出来そう!な気がしますか?
ちなみに最高速に近い状態 かなりのスピードがついた状態で…ですよ 
 
img02.jpg

ゴルフショットは繰り返し出来るということが 重要な要素のひとつです







対して ボールの赤道を狙え というのがありますが これもなんだか言ってることは同じなような…
狙い場所はその1点でしかないことに違いないですし
ま ボールの底を打つんじゃないよ という意味合いでということなら話はわかりますんで その真意がどこにあるのかは キチンと判断しておきましょう
そうでなければ 額面どおり赤道トップ打ち を練習することになってしまいます
(しかもアッパー軌道で…)




010 (2)

それと なんとも解せないのは…ですね
ショットとなるとあれほど気にしていた当たりどころ?軌道?がですね
パターになると途端にこのボールの底(赤道)イメージは無くなるんですよね


これ ナゼ? なんですかね


関係ないことに思えることが 案外カギだったりするからゴルフは面白いんですが
それに関連付けて ダフる トップする この意味をもう一度考えてみる必要があるかもしれません

あえて言わせてもらうと パター
これは ほとんどの方が フェースではなくリーディングエッジ(刃)で打とうとしています
どう見ても(聞いていても?)フェースに当たっているとは思えないんですよね
なんて言うと また気を悪くしちゃうだろうから もうやめますけども

ホントのところを知りたい
やってみたい!
そんな思いがある方にはお伝えしますので いつでもお問い合わせくださいませ


maison golf
776-0010
徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
Tel/Fax(0883)36-9292
E-mail maisongolf@sky.plala.or.jp

011_20121213182356.jpg  

両肩を揺さぶるように 振り子のように動かせる
そんなのやっちゃってるから いつまでたってもウマくいかんよ
ついでに…だけど そのことがショットにまで悪影響を及ぼしているということに気が付いていないんだね みんな

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。