スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ比較

01-31,2013

ミステリー CF-460HT

P1010396.jpg
 

ロフト角(°)
(8.5)/9/9.5/10/10.5/11/11.5/12
ライ角(°)
59.5
フェイス高(mm)
58
重心高さ(mm)
36.5
重心深度(mm)
36.5
重心距離(mm)
39
重心角(°)
21
体積(ml)
460 
 
P1010393.jpg 







ミステリー Proto453

P1010395.jpg

ロフト角(°)
(8.5)/9/9.5/10/10.5/11/11.5/12
ライ角(°)
59
フェイス高(mm)
57.5
重心高さ(mm)
36.0
重心深度(mm)
35.0
重心距離(mm)
36.0
重心角(°)
21
体積(ml)
453

P1010394.jpg 






スポンサーサイト

COMMENT

PROTO453
体積が少ない分、薄くして投影面積を大きくしている。見た目の安心感と、わずかに重心が下がることで、ボールの上がりやすさをねらっている。しかし、重心深度が減少しているので上がりやすいかどうかは微妙です。ライ角からみて、長めの設定を想定しているようです。
重心距離が短くなっているのは、実質的な軽量化。重量をたすことと、シャフトを激軟から、幾分上目の振動数にすれば性能アップでしょうか。
2013/01/31(木) 21:40:11 |URL|x #t7EgGTA6 [EDIT]
アップライトな設定が多い中
ライ角度の0.5フラットなのは魅力的ですが
ご指摘の通り
上がりやすいヘッドか?というとそうでもありません

しかし重心距離と深度からくる重心角度はイイところですので
(これにあまり深度を深くとると重心角度がキツクなりすぎます)
そもそもの重量も含めて シャフトチョイスを間違わなければ
使いやすいクラブに仕上がるでしょう
2013/02/01(金) 00:56:04 |URL|m #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。