スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よりによってその対策?

02-08,2013

その策 (開いたヘッドを閉じるため) として代表的なのが ローテーション
ヘッドターンさせる動き です

こう言うと これまた必ず反論されますがね
ローテーションなどしていない! と

そうですね
世間では ローテーション ヘッドターン 手を返す
少々あやふやにしている感はありますが
どちらかというと してはいけないコト に分類されていますから
そんなことはしていない
という反発が出てくるのでしょうけども

その前にひとつ確認しておきたいのですが
なぜ このローテーションはいけないのですか?

それほどまでに反論するこの動き
なにか理由があってのことだと思います
まさか いけないと言われているからイケナイ?
そんな暗記というわけでは無いんでしょう


00005.png 

ローテーション

俗にインパクト前後
開いてしまっているヘッドを閉じる(閉じながら打つ)動きとされています

結論から言うと
テークバックでこの姿勢になっている場合
持っているクラブの規格通りの弾道にしたければ
必ずローテーションが必要です
それはなんと言おうと必然なんです

だってクラブ側の機能では 絶対に元には戻りませんから

そうなると なんらかの方法で元に戻しているということになり
その手段は人それぞれでしょうが 巷にあるレッスン書の類を読んでいても
結局のところ ローテーションとは言わないローテーション?
をさせているだけ

もしコレをやらなければ スウィングのつじつまが合わないですから







フックグリップが定着してしまった今
もはや何を言っても遅いのかもしれませんが
誰かはやらなきゃならないんで あきらめずに言い続けておりますが
反発があるのは まだイイ方?
最近は 糠に釘

テークバック途中のこの姿勢を説明しても
これだけ あたり前なコト を何言ってるの?
という反応です

そもそもヘッドが開いているとも思っていないようで…

そんな状態に 非常に ヒジョ~~~ウに危惧しています




(そこまでゴルフは壊れてしまいましたか…)
とまぁひとりブログを書きながらため息をついているのですけども
それではイカン!
ということで ユンケル黄帝液(ちょっといいやつ)
グイッと飲んで 元気つけてやってみました!!!





(ナニをだね?)





お前はいつも変なことばかり言いやがって この○○野郎~!
…と言われているかどうかは別にしまして
世間ではイケナイとされている動きのはずが
なぜか それを誘発する(必然となる)姿勢は推奨している?
 
この矛盾はなんなのかなぁ~
というモヤモヤした思いと
もしかして この方がなんかイイことあるのか?
という(限りなくゼロに近い)確認も含めて

それを実際 試してみたんです!






スナップショット 1 (2013-02-07 23-19)

ということで わたしも体にムチ打って頑張ってみました
みなさまには間違っても やれ! とは言いませんから
今一度  ご自身のスウィングを振り返ってみて
明日からの記事読んでみてくださいませ

では
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。