スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能満載?

02-15,2013

百歩譲って いや千歩譲っても納得できないローテーションですが
何らかの現象によって ボールとヘッドがコンタクトし
ボールの方が空中へと飛んでいく
その事には違いはないわけです
 
で 人間の力だけでは 何百ヤードも飛ばすことができないから
ゴルフクラブという道具を持っているわけで…
 
zenkei_20130211225412.jpg




で その道具の条件をあげてみるとすると

・ヘッド重量(先端)の割合が全重量の6割以上を占めている
 その先端のヘッドは様々な角度が付いている
 つまり上下・前後・左右 非対称な形である

・さらにヘッド重心点はシャフト軸線上には存在しないL字型をしている

・ヘッドとグリップを繋ぐ棒
 手元から先端に向けて段々とすぼまっていく形状をしており
 撓ることを前提とした構造をとっている

・人間はヘッドと最も離れた位置を(両手が少し重なり合った状態で)グリップしている

・ボールは地面に置かれている

これでクラブ扱いというものは自ずと答えは出るとは思うのです
 


しかし…です
その方法というか取り扱い方によっては これらの条件が何も役に立たないどころか
コチラ側(人間側)にとって苦役となる
誤解を恐れずに言えば 攻撃してくる
そんな存在となってしまうんですね

機能が発揮されないだけならまだしも
 攻撃してくるとなれば対抗し さらにはそれをねじ伏せることが必要になります

その手段がスウィングとなるわけで
それが飛距離にでもなればまだ救われる?かもしれませんが
結果として体を痛めてしまっているというのが現状でしょう


 

逆に体を壊してしまうほどの大きなチカラですから
味方に引き込めたとなると それはそれはありがたい存在となってくれます
そうなれば条件 特徴をより濃く 表に出してあげれば
単純に機能数割増し!
となるわけで これまで頑張っていた作業は軽減される
それどころか やらなくてもイイ!
そんなところにも気が付いてくるはずです




先にあげた条件がメリットとなるか デメリットとなるか
攻撃に対して応戦することをスウィングととらえるか
敵であった存在を 逆に味方に引き付けて自陣を膨らませていくか
どちらが得策かは言わずと知れたことだと思います



じゃあ どうイイんだ!
そう返してこられる方もいらっしゃるでしょうが
申し訳ありません

こればっかりは 使ってみなければ何も伝わりません
ひとつ言えることは
これでもか!というほどゴルフクラブが持つ機能を前面に押し出したものということです
 
P1010183.jpg


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。