スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降臨への下準備

04-01,2013

人間がゴルフクラブという道具を持ち 遠くの目標に対して地面にあるボール運ぶ
スウィングとはこの要素のひとつです


ゴルフスウィング とりわけ体側の動きを説明しますと 肘の動きと上体の向きの変更
この2つが運動形態の重要項目となります
実際の動きとしては この2つが同時進行していくことでトップまで完了します
 
スナップショット 1 (2013-03-31 13-55)

その際注意してほしい点は クラブが体の幅から外れないこと
この幅とは体の横方向 左右の肩幅内に収めておくということです
その関係はアドレス時には出来ているはずですから その関係を崩さないようにトップまでたどり着くということになります



次に体の向きの変更ですが 体が左右に向きを変えるにはある関節が重要になります
その部分は股関節 左右両脚の付け根と骨盤を繋ぐ部分 正しく体が向きを変えるには不可欠な部分だということはすでにご存じかと思いますけども

スウィング形態で言うと まず右に向きを変えるには右の股関節
そして左に向きを変えるには左の股関節という具合に 
左右に少し離れた位置にある股関節が使えるようになることが 2本脚で立っている人間の役目です

24312_428646107222774_899143702_n.jpg

少し難しく感じるかもしれませんが そう思うということは実際ところ
体のほとんどの部分が使えていないということです 残念ながら
言葉を選ばずに言うと ほんのわずかな末端部分でスウィングしているということなんです

けど悲観しないでください
逆に言うとですね
これまで手打ちでそこまでゴルフが出来ているのですから?!
そこに体が使えてくるようになるとどうなるでしょう?
それも何も特別なことをするわけじゃなく 本来の関節通りの使い方です
つまりは誰でも出来る動きで…です



ゴルフにはなぜか腰痛 肩痛 肘痛 手首痛 最近では首まで痛めてしまうという話が頻繁に出てきます
さらに不思議なのはゴルフに限ってはこの痛めてはならない現象が容認されている節があることで
他のスポーツでは考えられないことです

ましてやゴルフは体のぶつかり合いがあるわけでもなく 激しい動きがあるわけでもない動きの中で
“満身創痍な体になってしまう”というのは納得できません
でもみんなだれも言わないところをみると もしかして医療機関と連携しているのか?
(いいね!なんて言ってるのか?)
という変なことまで考えてしまいますけども…
 

20121022215426.png


体を痛めず 人間本来の潜在能力を引き出し さらにはクラブ機能まで満喫できる
そんなにわかには信じがたいものへ興味がある方は 深いお付き合いができそうですね

P1010394_20130325230206.jpg 


スポンサーサイト

COMMENT

写真はちょっと体の幅からはみ出てる?(汗)
それでも降臨してるこの人はスゴイ!
2013/04/01(月) 12:20:42 |URL|w #- [EDIT]
降臨男
必殺技はさくら吹雪!
2013/04/01(月) 16:04:36 |URL|m #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。