スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフを愛しているのなら

04-09,2013


右に行った~!
あ~!今度は左~
次こそは…

ま ある意味 見ていて微笑ましい光景ではありますけども
ほんの少し冷静になって考えてみれば それはなるべくしてなっている
当然の結果ではないかと
 
zenkei_20130325230719.jpg


ボールの打ち出し方向
目標方向をゼロ それに対して右をプラス 左をマイナスで表すとしましょう
その方向が数度違えば 落下地点ではかなりの誤差となって表れ
これに回転(サイドスピン)が加われば その誤差は増幅されるということになります
 
P1020050.jpg

その数度を管理できるようになれ
そんなことはこれっぽっちも言うつもりもありません
というよりも みんなでよってたかって わざわざ目標に行かないようにしているんだろうな~という目で見ていますので 真っ直ぐ飛んだことの方にビックリしています

あんまり言うと嫌らしいのでこれぐらいにしておきますが
ヘッド形状の話 特に重心距離のことになると ヘッドが返りやすいとか開きやすいとか そんなコトになっているというのですから 気が付くのは当分先のことになるんでしょうね

もしゴルフショップや工房と呼ばれるところに行って
この手の話を聞き クラブを勧められたことがあるという方がいらっしゃいましたら一度お話ししてみませんか?
これまで聞いていたこととのギャップに驚くかもしれませんけど ヘッドの様々な構造や機能というものがわかると思いますよ
上辺の薄っぺらい話はあまり得意ではありませんが 興味があればいつでもドウゾ



 
maison golf
〒776-0010
徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
Tel/Fax(0883)36-9292
携帯 090-1002-1035(SB)
E-mail 
maisongolf@sky.plala.or.jp
Facebook https://www.facebook.com/maison.golf




開いて閉じる
俗にローテーションと呼んでいる動きですが
ゴルフレッスンというか理論というか
これをもろ手をあげて推奨しているところは少ないかと思います

かたやヘッド構造にある重心距離
この説明となると
距離が長ければターンがどうの 短ければ操作性がどうのという
回転を意識しているとしか思えない表現というのがあたり前として通っています

この2つの事象
ある意味正反対ともとれるこれらの説明
これらをどう解釈し どうやって繋げているのでしょうか
 

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。