スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

より遠くへより正確に

04-18,2013

 zenkei_20130325230719.jpg 

より遠くへ より正確に そして長くゴルフを楽しみたい

ゴルフファーにとって誰しも願っていることだと思います。
その思いを胸にあれこれ模索しながら練習し、コースへ出向き、そしてまた練習。
確かに、何かを探し続ける・追い求める時間というのは楽しいものです。

ですが、それも解答というか宝箱があるからこそ探す楽しみがあるのであって、それが複数、いやもしかすると無数の解を追い求めてしまっているとすれば…今注いでいる労力は妥当でしょうか?

巷には、スウィング論なるものが溢れかえっています。

本屋に行けばそういった類の書籍が多数並んでいますし、インターネットで少し検索すれば欲しい答えがすぐ手に入る便利な?世の中ですけども、ここでひとつ疑問に思うことがあるのは私だけでしょうか?

スウィングに悩みなどない

情報量からするとそう思っている人が(かなりの数)いてもおかしくはないはずですが、そんな人と出会えるのは非常に稀、奇跡的なことです。
勿論ゼロではありませんが、もう少しいてもよさそうに思うんです。
多分自分に合ったクラブをお持ちでしょうし、情報には事欠かない、練習もそこそこ、とくれば普通に打ててる人がいて不思議なことではないはず。
しかし“打つ”ただそれだけのことにこれだけ多くの方が悩んでいるのを見ていると、これはナニか原因があるとしか思えません。

imageCAN2A3DR-2.jpg

現在とられている方法・手法について見直してみましょう。
ゴルフに限らず今の問題というのは、往々にしてこれまでの過程にあるものです。
この機会に自分が進んできた道のりをもう一度振り返ってみましょう。
上手くいっていないと感じている方はその過程に原因が潜んでいるはず。
ボタンを掛け違えてしまったナニかが。
そこに気が付かないと、一生掛け違えたままゴルフを終えてしまうことになり、望むような結果は得られないでしょう。

ですけど、心配する必要はまったくありません。
その掛け違えたところから始めればそれで済みます。
でもこういった話をすると「これまでの道のりは無駄だったのか?」「またやりなおしか…」というある意味マイナスイメージを抱くようですが、わたしから言わせてもらえれば、その過程があったからこそ今があるのですし、今のままではやりなおしどころか歪んだまま進んでしまうのです。 
 
BIBSU_gCEAM9sdS.jpg

それよりなにより、問題が見つかってラッキーじゃないですか!
問題の根本を解決しながら進む方が、はるかに効果的に先を見据えることが出来、そこからまた新しい道が開けてくると思います。
そこで見て見ぬふりをするか。
真正面から立ち向かっていくのか。
あなたは今、大きな岐路に立っています!
 

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。