スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fujikura MCI shaft

06-02,2013

P1020643.jpg 

Fujikura MCI のラインナップは以下の通りとなっています

MCI 60 R,S
MCI 80 R,S
MCI100 S,X
MCI120 S,X

MCIの後にある数字がシャフト重量帯を表しています
最近のシャフトにしては重量に幅があり カーボンシャフトとしてはあまりない重量帯があるのも特徴です

スチールシャフトからカーボンシャフトへの移行や
純正シャフトからのリシャフトなどに対応しやすいといえますが
問題になるのが どの重量 どのフレックスをチョイスするか です

アイアンのリシャフトの場合はウッドシャフトとの相性も大事ですし
ユーティリティーに採用する場合は ウッドとアイアン両方の兼ね合いも無視できませんので
よく話を聞いて行うとよいでしょう!

取り扱っているということは テストもして知っている ということでしょうから
それを聞いて納得の上 採用してみることをおススメ致します

ウチでは ある重量 あるフレックス
そしてうま味抽出セッティングを見つけてはいます
これには 一応ある条件が加えないといけませんが…(^^)v

017_20121113123159_20130601204306.jpg 


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。