スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左肩を入れろ???

06-22,2013

誰が言ったかは知らないが とてもレッスン用語とは思えないこの拷問用語
で 決まって出てくるのがこんな画像…

13365_600400_20130621204733.jpg 

img_972039_34456170_1.jpg

これをヤレ!と言う方もそうですけど それを拒否しない方にも驚きます
(これは想像ですけど ジュニアレッスンとなると父兄の方が後ろにいるんではないですかね 何も言わないんですかね)

ではどう表現するべきか
あえて
もう一度言います
あえて言うなら トップ時 左肩がアドレス時顎のあった位置にあればいい
決して顎(頭)を固定して左肩を動かせることではないんです

これ見たままやるとキツイどころか痛いでしょ
体が堅いとか そういう問題じゃなくって脱臼レベルですからそりゃ痛いです

でもね
この位置移動
左肩を左肩で動かさなければ いとも簡単にできちゃうんです
肩はアドレスした状態から変化しませんのでね

もしこの説明?であぁ納得!とならない方は
残念ながら 誰がどう言おうと「手打ち」です

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。