スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康って一番の財産だと思うんです

06-26,2013

 
健康っていうキーワードだと内臓系イメージが強いかと思いますが
今回は 関節の健康 というテーマで進めて行きましょう
いくら元気でも腰痛 肩痛 肘痛 首痛…
これではせっかくのゴルフも楽しめませんものね


いろいろと情報を頂いておりますと
「予防する」
ということがテーマとして考えられているようです
なってからでは遅い
そうなる前に事前に対処しておきましょうというのが予防だと思いますが
これは ゴルフも同じ事 です

main_image-1_20130527220317.jpg 










この画像を見てください 


jin004_20130625214717.gif 


少々グロテスクな感は否めませんが ご自身の体ですので知っておくべきでしょう
予防にしても まずは現状が把握できていないと 見当違いのものになってしまいかねませんのでね
 




で 次にこの画像 

Paula-Creamer04_1_20130625215010.jpg

一般にゴルフスウィングと呼ばれているようですが…
この運動形態を先ほどの骨格構造と照らし合わせてみますと
どの部分が動かされていることによってこうなっているかがわかります

肩と骨盤
アドレス時この両者の関係は揃っていました
飛球線に対して平行に構えていたとすると0度です
これがトップ時 肩が90度 骨盤が30度(もっと少ないかな) というところに動いています
 



見た目によるゴルフスウィング
また言葉による誤解から あたかもこの差がチカラを生んでいると思っているようですが
ここはひとつ 冷静に考えてみましょう

その角度差は60度あります
ということはその角度分を受け持っている部分があるはずですね
ここではわかりやすく 左右の両肩は揃っているとしてその差を見てみます

肩と骨盤を繋ぐ骨格は画像でも一目瞭然
頸椎 胸椎 腰椎からなる部分 俗に言う背骨で
ここでその60度分を賄っていると考えて間違いないと思います

見てもわかるように この背骨は複数の骨が連なった構造ですので
動かそうと思えば動きますので ねじりがパワーを生む と信じている場合には
ある意味都合がイイ構造とも言えなくはありません


今日はとりあえず 角度差にこの背骨が関与している と言う点では異論ありませんか?
なければ次に進みます
 




スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。