スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康って一番の財産だと思うんです その2

06-27,2013

 「腰痛」

これはゴルフ人口の何割の方が抱えているのでしょうか
よく腰を抑えるシーンを見かけますがあなたは大丈夫ですか?

ゴルフスウィング→腰痛→しかたがない?
なんてワケのわからない容認?があるような節がありますが
普通にスウィングしてたら腰痛なんてアリエナイ!





ということで 腰が痛い~ という言葉ではなく
その押さえている部分に目を向けて見ると
大体こういう状態ですよね


スナップショット 1 (2013-06-26 20-53)
 

ではナゼわざわざ画像まで撮ってみたかというと
俗にいう 腰 と表現している部分を痛がっていない ということを知ってもらいたかったんです

手で押さえているの それよりもかなりでしょ













ここで背骨ってどんな構造をしているのか見てみましょう 


p01-c3-img-02_20130626210655.jpg 

p01-c3-img-01_20130626210654.jpg 


紹介いたしますと白いのが骨 水色が椎間板 そして黄色いのが脊髄です
その脊髄が背骨によって守られ そのクッション材として椎間板が位置しています

さてここで質問です
実際この背骨は臼状に可動はします
することはしますが 果たして積極的に使うべきところでしょうか?
この部分が可動(ねじれ)たとして
果たして言われているようなチカラが得られるでしょうか?










わたしの見解ですと チカラ は得られていると思います

えっ?!意外な解答?
いやいや だって腰痛になってるじゃない
チカラは受けてますよね 体が

ねじりがパワーを生む
確かに
でもそればボールに伝わるチカラではなく 体を攻撃するための力 になってしまっているのが現状だという事を認識して頂きたいのです
 



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。