スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ振動数を基準に持ちましょう!

07-13,2013

クラブの固有振動数
 
グリップ側を固定しておき、ヘッドに力を加えるとシャフトは撓みます。
その状態で離すと、シャフトは振動を繰り返したあと静止します。
この時、1秒間に何回の振動するのかを表したものです。
ですから単位はcpm(サイクル パー ミニット)になり、
硬いクラブほどこの数値は大きくなります。

この振動数、ちょっとは市民権を得てきたかなとは感じますが、まだまだ浸透しているとは言い難いのが現状です。
1フレックス間の違いを振動数でみてみますと約10cpmとなるのですが、市販モデルのドライバーをちょっとみてみますと

1.Xドライブ GR   246
2.ゼクシオ      230
3.MPクラフト460  251
4.バーナー      220
5.スリクソン WR  245
これらはすべてRフレックスの振動数値

ちょっと驚くかもしれませんがこれだけ違います。

もっとも数値が大きい(硬い)ものと小さい(やわらかい)ものではなんと 30cpm 違いが出ています。
フレックス換算すると、この違いは3フレックスですから、低い方を基準にしますとR表示のXX(ダブルエックス)ということになります?
ま、各社これだけ差があるものなのです。
もう一度念を押しておきますが、すべて表示は R です。



次に リシャフト する場合をみてみましょう。

<リシャフトの心理法則>
リシャフトする場合、今装着されているフレックスよりも下のフレックスは選ばない。
おかしなもので上(硬い)に行くことはあっても、その逆はやらないのです。

A.ツアーAD DI-6   261
B.ツアーAD 9003   274
C.モトーレ VC6.0   246
D.ランバックス6X07   263
E.ディアマナ イリマ60 264
F.フブキ α 60      266

リシャフトしよう!と思い立ったとしましょう。
上記はすべてSフレックスなんですけど、これも最大差は約30cpm出ています。
先に挙げたドライバーはRフレックスですので10cpm加えたものをSフレックスだとして純正シャフトからこれらへリシャフトした場合
1,3,5 と C の組みあわせ
それ以外はどれもこれも 1フレックス硬くなる のです。
2,4 はどのシャフトをチョイスしても 論外 お話になりません。

すればするほど 悪くなる でしょう。

リシャフトしてもあまり上手くいかない
違いが感じられない
飛ばない
それはこんなところに理由があるのです。

これXシャフトだよって言われると敬遠してしまうでしょ。
なのに わざわざ そこへ持ってきてしまっているのですよ。



アフターマーケットのシャフトを利用する。
それはつまり動き性能を求めてのことでしょ。
それをただ硬くして動きを封じこめちゃたら意味無いじゃん!


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。