スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像を検討してみましょう!

08-03,2013

100.gif 

101_20130728224703.gif


まずは黄色のヘッドライン
これからいきましょうか

その角度差は約45度
上の画像が1時と2時の間ぐらい
対して下の画像は12時を指しています


ご自身の画像はどれぐらいを指していますか?
もしかすると12時どころか11時とか10時指していませんか?



この画像についてはこういうご意見を頂きました

下の画像は、フェイスが完璧に開いています
シャンク Or ドフック Or プッシュ
の危険性があるのでは?

めざせ72ゴルフ奮闘記より
http://blogs.yahoo.co.jp/koto_48club/9088421.html#9098748







確かになんでも出ます
付け加えると ダフり トップもあるでしょう

ということで この状態でフェイス(面)がどこを向いているのか
これもラインを入れてみると分かりやすいかと思います

100-1.gif 

101-1.gif 

一方はボールを もう一方は…?

ボールと直接コンタクトするのはヘッドです
そしてそのヘッドには面があります
もしその面が対象物に向いていないとするとどうなるか?

言わずもがな…ですね
この位置からボールに到着する間に面を戻さなければなりません
その際 何かしらのアクションを入れることになります

ゴルフクラブは構造上 一端開いてしまうと自ら戻る(閉じる)機能は付いていません
という事は 右から左へターンさせる 閉じる動きをしないかぎり 俗に言うスクエアには戻りません


この場合(下の画像)そのまま何もせずスウィングを行ったとすれば
上手にボールに戻せたとしても右45度へボールはでます
それはそうですよね
トップの時点でその角度(向き)を作ったのですから当然の結果です


201302122310286df_201308030007301cd.png 

しかし「問題点はダウンスウィングにあり」と多くの方は考えます
これはヘッドが開いたからだ!ということで今度は閉じようとし その結果がコレ
やりすぎによる引っかけボールです



201302122310284f7_2013080300073037a.png 

この運動 その途中の一点には目標へと飛び出すところがあります
あるにはありますが その一点を正確に繰り返しできるとは到底思えない運動で
訓練すればするほど悪くなっていく動きです


しかしですね
それを熱く語らなくっても…ですね
ヘッドを開かなければ済む話なんですけどね




対策を講じるにはまず原因解明から






スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。