スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とあるゴルフ量販店にて

08-15,2013

ちょっとお恥ずかしい話なんですが 在庫しているグリップを切らしていること忘れてて…
急ぎの用だったのであわてて買いに行ったんですけども そこはさすがに量販店!
品揃えも豊富で(妙に)華やかな雰囲気
必要としていた少々マイナーなグリップもソコにはありました
で せっかく来たからお店をぐるりと見させて頂いたんですが 2~3分後にはすでにお会計へ…

その時の話です

店員さん「この細いグリップでいいんですか?」
私「これで結構です」
店員さん「ホントにこれでいいんですか?」
親切心で言ってはくれているのでしょうが あまりにしつこく少々イラッときましたので
私「コレのどこが細いんですか?」
店員さん「イヤ これは細いタイプのもので普通は使いませんので…」
私の心の声{わしは一般のモンがきらいじゃあ~!}
私「細い?これで仕上げると太くなるでしょ」
店員さんの心の声{コイツ…バカなんじゃないか?}
と思っていたどうかはわかりませんが 最後の最後まで怪訝そうな顔をしていたのは事実です

確かに言いたいことはわかるんです
私が購入したのは ゴルフプライドのツアーベルベットラバーの58タイプ
この58というところが話のミソで これには58 60 62の3タイプがあります
それぞれグリップの内径が異なり数字が大きくなるほどに内径が大きくなります

シャフトもそれぞれグリップ側の太さが異なります
この内径はシャフト側の太さに対応しており 太いものには内径の大きいもの 細いものにはそれ用の ということで作られています
この(内径が)細いと言いたかったとも想像できますが それだと私が
「細い?これで仕上げると太くなるでしょ」
という事を伝えた時点でこちらの意図を察してくれるハズなんです

この会話 58=細い という記憶装置から出たマニュアル?でしかないと解釈できます

そこで説明する気力 エネルギーは持っていませんので 黙ってお金を払ってお店を出たんですけども そこのグリップコーナーには両面テープとか挿入時の溶剤なども陳列してありました
これはグリップを自分で交換してみようという人達のために置いてあるんだと思いますが 今回の私の意図「グリップを太目に仕上げる」
それをそのまま相談したらどんなグリップを出してくれたのかなぁ?

それと同じく?
お店をざっと回っただけで オモシロイ?広告 いくつもありましたから
それらも「これに限らず」でしょう

ま これでお客さんも満足?商売も成り立っている!のですから とやかく言うことではないんですが 私みたいなのは確実に 来てほしくない客リスト に入ってしまうんだろーなー何て事を運転中思いながら帰ってきた次第です

 
P1030514.jpg 



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。