スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブの形 その5

09-05,2013

72258_595613877150269_1299427367_n.jpg 


クラブが右腰から左腰の高さまで
この区間の事を ビジネスゾーン と呼ぶそうな…
このネーミングだけにかけては天才的な何かを感じます

ちなみに これが残念な形に見える人はゴルフクラブさえ手渡しておけば勝手に上達していくでしょう
逆にこれを見ても違和感がない場合 これはもう少し理解を深めていく必要があるでしょうね












404.gif
 



上下の画像
これが世にいう ビジネスゾーン?を再現してみたものです

青の線 両肩を結ぶ線ですがこれはほとんど動いていません
オレンジの線 腰の向きを示す線 これも同じ方向です

つまり体側はほとんど変化していないということです



では次にヘッドに注目してみましょう
飛球線方向 後ろから前に約180度

さらには赤の矢印 これも反対方向になっていますので
ヘッド(フェイス面)も同じく180度回転したということになります

これがどういうことかといいますと
グリップエンドを支点にクラブ自体が円を描きながら
その運動とはまるで別のシャフトを軸としたヘッドが円を描きながらボールをとらえる…ということに





う~ん 体操のムーンサルト…ですか?

その運動を担っているのが 手
特に右手の動作によるものです

円運動の支点には大きな力がかかります
俗に言う 手を返す ローテーションと呼ばれる動きですが
これを手打ちと言わずに何と言うのでしょう?



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。