スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノッテる男 その2

09-22,2013

スナップショット 1 (2013-09-17 17-49)




A:ちなみに何ヤード?

m:この画像、ロングのセカンドでこの計測器上、エッジまで243Y。使用クラブは7番ウッドでグリーン奥にキャリー、そしてこぼれていきました…
追記…これを書けと言われました。
中弾道の軽いドロー!本人いわく完璧!だそうです(^^)/今、隣にいてルンルンです(笑)

B:何がどうするとそれだけ飛ばせるのですか?

C:どうしたらそれだけ飛ばせるんですか??

m:クラブとしては今日の中では彼のものが最も重くシャフトもやわらかいのを使用しています。あとは…

J:後は、センスですわ!!違った。メゾンゴルフの道具のおかげですね。重量抜群ヘッドに柔らかシャフト。

A:そんな、魔法のクラブは、どこに売ってますか?( ´ ▽ ` )ノ

m:逆、逆!みんなが魔法をかけてくれてるのよ♡ありがと(^^)/



D:んっ何yですか?

m:この計測器が正しいとすれば、7Wでキャリー250Y以上ってことに…

D:ドライバーなら...

E:凄いですね 飛距離はアドバンテージになりますよね 強いみかたですね

m:彼のクラブ、ヘッド重量といい、シャフト軟度といい、持てばびっくりしますよ(笑)

E:マジですか?たぶんハードスペックなんでしょうね

m:いや…逆です。シャフト…添え木が必要なくらいふにゃふにゃ…

E:そうなんですか?タイミング合わせるの難しそうですね おれやと右に左にホームランですわ



D:一つ質問、なぜプロは硬いシャフトを使用するのでしょう?

m:プロに聞いてみましょう!(笑)…スミマセン、真面目に…私がそのプロの立場だとしたら、ということしか言えませんが、どこのシャフトメーカーからオファーがあっても受けられるように準備しておきます。どんなシャフトでも使えるスウィングを身に付けるということになります。つまり硬ければ特性が出ない、となればどれを使っても〇じということに?!これで伝わりますでしょうか?…あくまで個人の意見です。

m:もうひとつの見解です。欧米人のような2m級の選手たち。対して体型にはお世辞にも恵まれているとは言えない日本人。もしかすると欧米人はその硬さで我々が感じている以上のしなりを得ているのかも?これも想像でしかありませんが。

D:硬くてもしならせる(シャフトを使えてる)パワー?技術?スイング?があるから硬いのを選んでる・・って感じですか

m:そうですね、想像膨らみますね。でもそのホントの理由は本人でない限りわからないですよね。求めることによって形となるクラブは変わりますから。







スウィングを形成するのはゴルフクラブです
みなさんはどんな未来像を描いて「今」を取り組んでいますか?

vintage_gc-1_201309112327514e6.jpg 





スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。