スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体をねじらないで 捻転はイラナイ!

04-02,2014

「体の正面」
でインパクトからのフィニシュ
なかなかイイんじゃないですかね(^^)v

1654161_633696676667686_188579396_n.png

1780755_633696763334344_1170257611_n.png






インパクト時すでに腰はフィニッシュ状態

1900158_634178413286179_1384655671_n.jpg 


肩のラインと腰(骨盤)のラインの違いが見て取れると思います
このズレが大きければ大きいほど
(*_*)(*_*)背骨がねじれてしまっている状態(*_*)(*_*)
別名 軟骨すり潰し運動 と呼びます

ちなみにメゾンゴルフではこの動きを”ご法度”として扱っています






1625472_635010956536258_2089902358_n.jpg

アドレス時 肩と腰(骨盤)が揃っていないケースはごく稀だと思います
誰しも飛球線に平行に
練習場などに行くと器具を用いてチェックしている方も少なくありませんね
それをナゼしているのかといえば それが目標に対してスクエアとか飛距離効率もいいと判断してのことだと思いますが…
 
「なんで打つ際になるとそれがバラバラになるの?(してるの?)」

って思うケド

















アドレス時に揃っている肩のラインと腰(骨盤)のライン
この関係が終始ずれないように
アドレス~トップ~(インパクト)~フィニッシュを
チェックしてみましょう!



1625472_635010956536258_2089902358_n.jpg

1966805_635011009869586_174476065_n.jpg

1800454_634178443286176_385487453_n_201404021039594c4.jpg

988602_635011106536243_911333541_n.jpg



これが揃った状態で行う運動を
「体の向きの変更」と呼んでいます

それを可能にする関節が骨盤と繋がっている
「2つの股関節」
脚、お尻周りの運動です




これが出来るようになると*ねじれ*とは無縁のゴルフスウィングになり ひいては健康も手にすることができるでしょう(^^)v




スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。