スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動くシャフト

06-28,2015

 

 

硬くしなりが生まれないならヘッドも別に何でもいいかと思いますが…(笑)
シャフトが動き始めると、ある要素が大きな意味を持ってきます。


それはヘッド重量です(^^)v

 


「それぞれに合ったシャフトが存在する」

自分にはどういうものが合うのか、またどんな恩恵があるのか

それを追い求めてリシャフトしながら探しているわけですよね。
それがどこにあるのか、どういうものなのかはまだ分からないにしても
このフレーズ、言葉自体は納得できるでしょ。

今、一生懸命探している方もいれば
シャフトというものに興味がわいてきている方
また…
もうすでにやりすぎてくたびれてしまった方もいらっしゃるかも。

 

そこでひとつ、メゾンゴルフからのご提案です。

「それぞれに合ったヘッド重量も存在する」

です(^^)v

 

リシャフト迷路に迷い込みたいのであれば止めはしませんが
いや…言葉が悪いですね。
巷にあふれかえるシャフト
雑誌で評判のシャフト
誰某プロが使っているシャフト
そういうのをあれこれ打ってみたい、というのであればそれは楽しみでいいと思います。

しかし、自分に合ったシャフト(クラブ)ってどんななんだろう?

あれこれシャフトは変えてはみたものの、何がどう違うのか分からない…

シャフトが気持ちいいってどんな感触なんだろう?

このブログでも再三再四言っている

「こすらずボールがつぶれる」

これってどんなになるんだろう?


そういうところをお探しの場合は、ウチ…得意です!
使用者のタイプに応じて、これまでのテスト、経験から
ヘッド重量とシャフトの合わせ方もご提案させて頂きます(^^♪

 

 

 


シャフト軟度とヘッド重量の関係

ゴルフクラブは大きくはヘッド、シャフト、グリップ
この3パーツから出来ています。

シャフトだけ

ヘッドだけ

グリップだけ

こういうのはもうそろそろやめてもいいのでは?

組みあがったゴルフクラブとしてどうなるかを考慮して進めて行かないと
ネットオークションにまたもやシャフトが溢れかえるというお粗末な結果は目に見えています。

まぁこれはクラブを作る方は(かなり)困難ですから、何も変わらず今のまま…でしょうが

 

このヘッド重量というのは、ある種統一されている
画一化という方がいいでしょうか。

一部ウェイトチップなどで調整できるタイプの物がありますが、その現状と言えば…
ほとんどが、退屈しのぎのオモチャ状態です。

ぶっちゃけ何をどうしても変化なしってことの表れです。
その理由のひとつが冒頭の言葉で

シャフトが動かなければ何をどうしても同じにしかなっていないということです。 


こちらこそです(^^ゞ

06-26,2015





私は今年で60歳になります。

それで、記念というか自分へのご褒美に
以前から欲しかったドライバーを購入予定です。

いろいろネットで検索し貴店にたどり着きました。
年令もそれなりになってきたので、

打つことが楽しくなるようなクラブを探してました。


そこで
重たいクラブ、やわらかいシャフトが打てるのかどうか?

細かいスペックは当然ですがお任せです。

いい年になったオヤジなのに、かなりワクワクしてますので、よろしくお願いします。



49617.jpg

メゾンゴルフ
776-0010
徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
Tel (0883)36-9292
携帯 090-1002-1035(ドコモ)
E-mail maisongolf@sky.plala.or.jp

FB https://www.facebook.com/maison.golf

ホントのところは違うんじゃないか?

06-24,2015

 

かる~いヘッド
かた~いシャフト
で頑張ってはいるけれど…

ホントのところは違うんじゃないか?

そう気が付き始めた方へ

その発想 メゾンゴルフは全面支持!


硬いシャフトを頑張ってしならせる…

それは言い換えれば重力とケンカしてるというのと同義語です。
この重力とケンカして、奇跡の確率ででも勝機があるのならまだやっている救いもありますが、それは残念ながら…でしょ。
となれば対峙する事を選ぶより重力とお友達になる方がはるかに得策!

そうは言っても重いヘッドでは振れない…

それもよく言われますが、確かに上がっている区間、つまりテークバック中は重いですけども、後は重力方向の動きなわけです。
尚且つ、これまで機能していなかったシャフトが活躍すれば…

そうなると今頑張っていることのほとんどすべてが必要なくなります(^^♪



スイングなんて単純極まりない!
っていうかイヤでも打ててしまいます!
そんな関係、築きたくありませんか?

 



メゾンゴルフ
776-0010
徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19
Tel (0883)36-9292
携帯 090-1002-1035(ドコモ)
E-mail maisongolf@sky.plala.or.jp
FB https://www.facebook.com/maison.golf


重量と年齢

06-22,2015

  




重量と年齢は比例関係にある 
確かに それはそう思います 
ただメゾンゴルフが考えている関係は世間とは逆です 

年齢を重ねた人ほど 
体力が無い(落ちてきた)人ほど 
はたまた運動神経に自信の無い方ほど 
クラブを重くすることを進めています 

読んでくれている方はスグわかると思いますが 
重くするというのは 当然ヘッド 

みなさんの想像にある重量増加によるデメリット 
それはシャフトという大きなアイテムがあることを知らないから負担となってしまうのです 




面白いコメント頂きましたのでご紹介させて頂きます 

昨日の同級生コンペで、「歳をとったら、軽くて柔らかいクラブだよな~」という男性に 
「いやいや、重くて柔らかいクラブって言うのもあるらしいよ」って言いましたが‥ 
相手にしてもらえなかったです(^^;) 




クラブを軽くして もし? 
(このコメントの場合はシャフトを意味しているのだと思いますが) 
ヘッドスピードが上がったとしても 
(スピードが上がるってそう簡単な事では無いですがね…) 
その分いやそれ以上の問題も発生するんですよ 
そのことも踏まえておいて下さいね 





その問題って? 

それは再三再四述べてきている内容ですのでここでは一点だけ 
軽くして振りやすいとは感じても それで何か成果があったかどうか? 
ごく少数の中には上手くいったという方もいらっしゃるとは思います 
ですがその先 数年後 いつになるかは分かりませんが また軽くするのですか? 

認めたくは無い事ですが さらに体力は落ちていきます 
その時 ヘッド重量の意味やシャフトの使い方を知っている 

ゴルフクラブを扱っているのと

ヘッドを振り回しているのとでは

雲泥の差 になると思いませんか? 


道具のメリットって想像以上にデカいものだと思います 
そいつを一緒に掴み取ってやりましょうよ!


P1100054.jpg 

規格を度外視できると

06-20,2015

スナップショット 1 (2015-04-21 20-43) 


世間ではX
…いやダブルX

冗談抜きで彼が量販店などに行けば
何も言わず
ひと言もしゃべらなくても、そのあたりのシャフトを出してくると思います

その基準の彼のスペックは
ざっくり言うとレディースシャフト(以下)


そんの打てるの?
っていつも聞かれるのですが、結果は先日の記事のとおりです
http://maisongolf.blog.fc2.com/blog-entry-1076.html








世間一般には
体力とかヘッドスピードを基準にフレックス選択が行われています

それが正しいかどうかは別にしまして
今回の場合の彼ですと
全盛期よりも落ちたとは言っても
ヘッドスピード50m/sというところ

この基準にあてはめていくならば
普通のおじさん
さらにはご年配の方々
今装着しているシャフト

ちょいと硬すぎやしませんか?




道具の…
シャフトの助けなぞいらん!!

というのであれば大きなお世話ですけども
こうして眺めていると
スライス、こすりの飛ばない症候群多数…
のようにしか見えないんですけどねぇ

ま、なんにしても今現在
ゴルフを楽しんでいけてるのでしたらいいんですが

ちょっとだけ規格と外したところに目を向けてみると
大きなプレゼントが待っているかも♡


ということだけはお伝えしておきます


01_01.jpg 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。